ウヨキョクセツ

うよきょくせつ

漫画、ドラマ、映画、小説、アニメ、育児、商品レビューなど何でもありの雑記ブログ

高木菜那・高木美帆選手が姉妹で獲得したメダルの重さは合計何グラム??

高木菜那選手、高木美帆選手が平昌冬季五輪でメダルを合計5つ獲得しました!

 おめでとう!!

 

つまり高木家には5つのオリンピックメダルがあるということで・・・(゜-゜)

 

 

獲得したメダルは5個!

高木菜那選手(姉)

スピードスケート女子 チームパシュート(団体追い抜き) 

平昌五輪から新種目になったスピードスケート女子 マススタート 

 

高木美帆選手(妹) 金銀銅コンプリートは女子初!

スピードスケート女子 1500メートル 

スピードスケート女子 1000メートル 

スピードスケート女子 チームパシュート(団体追い抜き) 

 

 

実は変わるオリンピックメダルの重さ!

今まで知らなかったんですが、オリンピックのメダルの重さは、オリンピックによって重さが変わります。

国際オリンピック委員会での金メダルの規定は「純度92.5%以上の銀製メダルの表面に6g以上の金でメッキしたもの」とされています。

つまり、このルールを守る限り、好きに重さを変えられるということになります。

 

重さはメダルの金属のそれぞれの含有量によって変化します。

 

金メダルは、92.5%以上の銀+6g以上の金に、銅を入れたりします(平昌五輪では銀+金のみ)。

銀メダルはほぼ純銀のものが多いようです。

銅メダルは銅+亜鉛の割合で重さが変わるようです。

 

 

ちなみに平昌冬季五輪の金メダルは歴代五輪史上で最も重いです。

なんと北京冬季五輪の金メダルの約三倍の重さ

 

オリンピック史上最も高価なメダル

1912年開催のストックホルム夏季五輪の金メダルが最も高価なオリンピックメダルだと言われています。

なんとこの金メダル、純金100%!!

 

金1gを5000円とすると、200gの金メダルだったと仮定すると100万円

400gだと200万円

やばい・・・(゜-゜)

 

平昌冬季五輪のメダルのそれぞれの重さ

メダル 586g

メダル 580g

メダル 493g

 

金メダルが最も重いんですね!

 

高木菜那選手が獲得したメダルの重さ

高木菜那選手は金メダルが2個なので、1172g

1キロ超えてますよ・・・すごいですね。

 

高木美帆選手が獲得したメダルの重さ

高木美帆選手は金銀銅メダルをコンプリートしたので、全部で1659g

やっぱりメダル3個は重い!

首に負担がかかりそう・・(笑)

 

高木姉妹が獲得したメダル5つの重さ

二人の合計は、2831g

2キロを超えて3キロ間近です。

いや~すごいですね!

 

まとめ

姉妹でオリンピックメダルを一度に5つ獲得するとはなんとも驚異的!

2831gは二人の懸命な努力の結果なんですね。

 

これからも姉妹でスピードスケートをがんばってください!

応援しています!

 

 

 

こんな記事もあります

revenge.hatenablog.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村