うよきょくせつ

【レビュー】ミニスーパーファミコンを買うメリット・デメリット

洗濯機の調子が悪いので、先日家族で電器屋さんに見に行ったところ、ミニスーパーファミコンを買ってしまいました(^-^;

 

 

洗濯機を買いに行ったんですけどね・・・。

 

 

昔のスーファミ好きにはたまらないゲーム機!

実は以前から、旦那は出張したらミニスーパーファミコン探すくらいにミニスーパーファミコンが欲しかったようです。

 

実は購入してから知ったのですが、旦那はこのミニスーパーファミコンに内蔵されているソフトのほとんどを知っていました。

ミニスーパーファミコンじゃないともう昔のスーパーファミコンはプレイできませんから、ミニスーパーファミコン発売開始当初から気になっていたようです。

 

ミニスーファミのスペック

正式名称は「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」です。

2017年10月5日に発売されました。

価格は7980円+税。

 

「ミニ」とつくので全体的に小さいのですが、手のひらサイズなのは本体

片手にのります。昔はもっと大きくて重かったなぁ。。。

コントローラーはスーファミ時代から何も変わっていません

ただ、PS3などのコントローラーに慣れていたので、物足りない感がすごいです(^_^;)

よくこれで操作してたなっていう感じ。

 

ゲームソフトは最初から内臓されているので、ゲームのカセットをさす必要なし

昔はゲームのカセットをさすところにホコリがたまっていたりしたら接続が悪くなったり、カセットの方を息吹きかけたり、ちょっと本体を動かしたらブチっと電源が切れてしまったことなんかもありましたが、ミニスーパーファミコンにはその心配はありません。

 

プレイした内容をセーブするかしないかを選べるようになっています。

リセットボタンを押すとホームメニューに戻れるようになっていて、ホーム画面に戻ると、直前までプレイしていたゲームのデータを「中断ポイント」としてセーブするかしないかを選べます

 

失敗が続いてライフがなくなったらいったんリセットボタンを押してデータをセーブせずに、前のデータから再度プレイするという技を旦那が繰り返しています(笑)

ライフを集めてきてボス戦の前でいったんセーブして、クリアするまで何回もそこからスタートしています。

ある意味正しい使い方?

 

収録タイトル(ゲームソフト)は21!

収録タイトル

  • スーパーマリオワールド
  • F-ZERO
  • がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
  • 超魔界村®
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース
  • スーパーフォーメーションサッカー
  • 魂斗羅スピリッツ
  • スーパーマリオカート
  • スターフォックス
  • 聖剣伝説2
  • ロックマン®X
  • ファイアーエンブレム 紋章の謎
  • スーパーメトロイド
  • ファイナルファンタジーⅥ
  • スーパーストリートファイター®Ⅱ ザ・ニューチャレンジャーズ
  • スーパードンキーコング
  • スーパーマリオ ヨッシーアイランド
  • パネルでポン
  • スーパーマリオRPG
  • 星のカービィ スーパーデラックス
  • スターフォックス2

 

私はそこまでヘビーユーザーではなかったので、知っていたのはマリオシリーズ+ヨッシーシリーズだけでした。

ドンキーコング・星のカービィもやったことはなかったです。

 

旦那はほぼ全てのゲームをやったことがあるようで、ドンキーコング、マリオシリーズ、がんばれゴエモン、星のカービィをよくプレイしています。

 

スーパーマリオカートが昔から好きなので、たまに二人で遊んでいます。

 

思った以上の難易度

私のイメージとしては、スーパーファミコン時代ってそんなにゲームが難しい感じではないと思っていたんですが、正直言って舐めてました。

 

めちゃくちゃ難しいんですけど!

 

マリオシリーズのスーパーマリオワールドってあんなに難しかったですか?!

 

難易度が高くて全然ステージが進みません(゜-゜)

 

マイプレイデモというシステム

しばらくミニスーパーファミコンで遊んでいて気付いたのですが、「中断ポイント」としてセーブした際の自分のプレイが、デモプレイのように流れます。

 

デモプレイとは・・・ゲームを少し放っておくと勝手にゲームをプレイしている映像に切り替わります。これは元々入っている映像で、誰がプレイしたとかは特にありません。

 

自分が失敗しまくっている映像が流れるので、めっちゃ笑えます(笑)

 

本体以外に必要な電源供給用のUSB機器!

このミニスーパーファミコンを使うには本体以外に、USB機器が必要です。

 

下記のいずれかであればOK。

ニンテンドーUSB ACアダプター [CLV-003(JPN)]

市販のUSB対応ACアダプター ※5V/1.0A/5Wの出力ができるもの

テレビやPCなどのUSB端子(Standard-A) ※USB端子によっては使用環境により作動しない場合もあり

 

わが家はニンテンドーUSB ACアダプターを買いました。

価格は1000円+税。

 

本体と合わせると合計1万円弱でした。

 

買ってよかった点

わが家は他にもPS3やWiiなどのゲーム機がありますが、昔のゲームには昔のゲームの良さがあるようで、旦那は他のゲームを遊びつつ、ミニスーパーファミコンでも遊んでいます。

私もそれにたまに便乗して一緒にプレイしています。

 

難易度は予想以上に高かったですし、レトロゲームならではの理不尽さ(当たってる?!というところでアウト)がありますが、あれこれ言い合いながらプレイできるので楽しいです。

よく考えたら他のゲーム機でワイワイ言いながらプレイすることはないかも・・・。

ある意味、コミュニケーションツール。

 

ゲームをリアルで誰かと一緒にプレイするのは楽しいなって思えます。

 

そして何より、懐かしい。

「あーこういう場面あったな!」と記憶がよみがえります。

それと同時に、自分の子供時代の記憶も。

 

結論:

ワイワイ言いながらプレイするのが楽しい。

懐かしい気分になれる。

 

買って悪かった点

ゲームの理不尽さがたまに牙をむきます(笑)

「絶対当たってないし!」というところでアウトだったり、「あれ今かすったよね?」というところがセーフだったり、ザ・昔のゲーム。

 

私は辛抱強い性格じゃないのでそうなるとすぐにあきらめてしまいます。

旦那は何回もプレイしてクリアしていく辛抱強いタイプなので、この点は旦那にはマイナスにはなりませんが・・。

 

また、プレステのコントローラーに慣れている人には、このミニスーパーファミコンのコントローラーは使いにくいと思います。

 

結論:

辛抱強くない人には向かない。

コントローラーが気に入らない人には向かない。

 

まとめ

いつもがんばって働いてくれて、家に帰れば家事・育児を手伝ってくれる旦那ですが、たまにむかつくこともあり怒りをTwitterで晒していたりしますが、今回はそんな彼にプレゼントということでミニスーパーファミコンを購入しました。

 

 

満足してくれているようで、買ってよかったです。

娘が大きくなったら、「昔はこういうゲームがあったんだよ」と一緒にマリオカートをやろうかなと思っています。

バナナを置くのはうまいので、めっちゃスリップさせてあげようと思います(笑)

 

 

 

にほんブログ村