ウヨキョクセツ

うよきょくせつ

漫画、ドラマ、映画、小説、アニメ、育児、商品レビューなど何でもありの雑記ブログ

ポールシフトを詳しく解説!起こる時期とその影響は?2018年に起こると予言されていた??

「ポールシフト」という天変地異が起きて地球に住めなくなるのではとザワザワしているので調べてみました!

f:id:ryura9:20180419043832p:plain

 

ポールシフトを分かりやすく!

ポールシフトとは、天体の自転に伴う極(自転軸や磁極)が何らかの原因で今の位置から移動することを言います。

つまり磁極が反転する地球規模の大きな変動のことをさす・・・て、結局どういうこと??

 

地球にもS極N極のように「磁極」がある

分かりやすくするため、地球は大きな1つの磁石だと考えてます。

磁石にはS極、N極があるように、地球には北極・南極があります。

地球表面には我々の目には見えない「地磁気」が存在し、方位磁石を持つとどの方向を向いていてもN極は北をさし、S極は南をさします。

 

「地磁気」が発生している理由は地球内部の「外核」と呼ばれるところで物質がドロドロと流動的に動くことにより摩擦が生じ地表部で「地磁気」が発生していると言われています。

とりあえず地球内部で磁気が勝手に発生していると考えてください。

 

で、N極S極のように地球にも「極」のようなものが存在すると言いましたがこれを「磁極」と言い、なんと少しずつ移動していると言われています。

 

ポールシフトは自転軸ではなく磁極が移動し最終的に反転すること

ポールシフトに戻りますと、「自転軸や磁極が移動すること」とありますが、まず自転軸とは文字通り地球が自転している軸のことです。

地球に棒が刺さっていてそこを軸に回っている絵や画像などを学校の授業で見た事があると思います。

今回書いているポールシフトについては、自転軸が移動するというわけではありません。

地震などで少し自転軸が移動したケースは報告されているそうですが、めったに発生することではないので自転軸が反転する可能性はかなり低いといえます。

 

さきほど「磁極」が少しずつ移動していると言いましたが、ポールシフトとはこの「磁極」がズレていって最後には反転してしまうことを言います。

「磁極が反転」ってどういうこと?という質問に対して分かりやすく答えると、方位磁石を持つと通常N極は北、S極は南をさしますが、反転してしまうとN極は南、S極は北をさすようになる、ということです。

 

 

いつ起こるの?

ポールシフトが起こる前兆は、地磁気が急激に弱まることだと言われています。

 

過去の痕跡から、78万年前に実際にポールシフトが起きたといわれています。

ただこのポールシフトでどんな影響が出たのかは不明です。

 

今から1000年以内にはポールシフトが起こるのではと言われています。

過去160年間で地磁気が弱まっていることから、これが予兆ではないかという予測がなされています。

 

また、ポールシフトは20~30万年に1度発生すると言われており、前回のポールシフトは78万年前だったので、もういつ起きてもおかしくないのではと言われています。

 

 

ポールシフトが起きた場合の影響は?

過去にネアンデルタール人が滅びた原因や、恐竜が絶滅した原因はポールシフトだったのではと言われています。

ポールシフトが起きた場合の影響は未知数ですが、NASAは「何らかの被害を受ける可能性がある」と警告しているそうです。

またポールシフトが起きた場合、太陽の有害な光線を浴びる可能性があるともしています。

 

なぜポールシフトが起きたら太陽の有害な光線を浴びることになる?

地磁気というのは地球のバリアのような役割を持っていて、ポールシフトが起きたらこの天然のバリアが消えると言われています。およそ200年間も!

その間地球はむき出し状態。

 

皮膚がんは増えそうですね・・・。

 

人類滅亡の危機??

地磁気という天然バリアが消失することにより、通信網に影響が出るのではと言われています。

地球全体で電気関係が全滅したらエラいことになりますね。。

『サバイバルファミリー(邦画)』とか『レボリューション(海外ドラマ)』のような、電気が全くない生活をリアルに体験する羽目になってしまいます。

 

また、地殻変動が起こったり、巨大地震が起こるなど様々な予測がなされています。

 

ここまで行くともう、生き残るのはムリな気がする(゜-゜)

 

案外影響がないのかも?

ここまで書いたのはあくまで予測です。

実際にどうなるのかは未知数なところの方が多いです。

私たちが地磁気や磁力をとくに感じずに生活しているように、ポールシフトが起こってもそのプロセスはゆっくりなので、とくに影響はないのではと考える科学者も多いです。

 

ただ、ポールシフトが起きても地磁気が完全になくなることはないと言われていますが極端に減少することも考えられるので、影響が全くないとは言えないですね。

 

対策は?

残念ながら、ポールシフトを防ぐ手立てはいまだ存在しません。

起きてしまったらもうどうしようもありませんし、地球の天然バリアを人工的に作れるほどの科学力もありません。

 

もし電気がなくなってしまったら人間に取れる手段はほとんどありませんね。。

 

2018年の予言??

予言者ジョセフ・ティテルという人が2018年の予言の中で、「地球で大きな変化が起こる」といい、ポールシフトかもしれないと言っています。

 

私は知りませんでしたがけっこう予言を当てている人だそうで、2018年は世界規模で何が起こるのか・・・(゜-゜)

 

まとめ

前回78万年前に起きたときの影響を伝えてくれる人はだれもいないので、ポールシフトが起きたときの影響は未知数ですが、いきなり反転することはないのでそこまで心配することはないかと思います。

1000年以内に起こるのは確実そうですね。