ウヨキョクセツ

うよきょくせつ

漫画、ドラマ、映画、小説、アニメ、育児、商品レビューなど何でもありの雑記ブログ

指原莉乃さんが受けた「永久コンタクトレンズ(ICL)手術」とは?メリット・デメリットや安全性、費用は??

指原莉乃さんは「神戸神奈川アイクリニック」という病院で永久コンタクトレンズ(ICL)を入れる手術を受けたとTwitterで報告していました。

 

ICL手術とは??

目の中に小さいレンズ(=ICL)を入れる視力矯正手術のことで、ICLは「永久コンタクトレンズ」とも言われています。

ICLは「インプランタブルコンタクトレンズ」の略です。

インプランタブルコンタクトレンズとは「インプラントすることができるコンタクトレンズ」のことで、要するに「目に移植できるコンタクトレンズ」ですね。

 

ICLのメリット

近視の戻りがない

レーシックは目の角膜を削って視力を回復される手術ですが、角膜を削る量などは人によって異なるため、術後数年経って近視に戻ってしまうことがあります。

しかし、ICL(永久コンタクトレンズ)手術の場合は目に直接レンズを入れるため、近視が戻るという事はないそうです。

もし目が悪くなっても、レンズを交換するだけで矯正できます。

 

見え方がクリアになる

目の中のレンズ(ICL)で見え方を調節できるので、メガネやコンタクトレンズよりもよりクリアに見えるそうです。

また、目が悪くなったり見え方を少し調整したい場合は目の中のレンズを取り変えるだけで済みます。

他の視力矯正手術と比べると視力矯正精度が高いといえますね。

 

強度の近視や乱視でも矯正できる

レーシック手術では、近視が強ければその分角膜を多く削らなければいけないため、あまりにも強い近視の場合はレーシック手術は受けられません。

ですがICL手術ではレンズで近視・乱視を矯正できるので、強度の近視・乱視の人でも矯正できます。

 

元の状態に戻せる

レーシックでは目の角膜を削るのでもとには戻せませんが、ICL手術では目にレンズを入れるだけなので、元の状態に戻したい!という場合でも、レンズを取り出すだけなので、すぐに戻すことができるので安心です。

 

人に気付かれない

レンズを目の中に入れますが、このレンズは黒目の後ろに入れるので、人から気付かれることはありません。

 

術後のリスクが少ない

もし将来目の病気になったとしても、レーシックのように角膜をごそっと削るわけではないので、影響はありません。

また、もし何らかの異常が発生した場合でも、レンズを取り出せるので安心です。

 

術後の違和感が少ない

角膜を削るわけではないので、術後に違和感を覚える人は少ないそうです。

目にレンズを入れますが、とくに「入っている」という感覚はないそうです。

 

メンテナンスの必要がない

ICL手術で使用するレンズは生体適合性が高いため手入れは必要ありません。そのため、とくにメンテナンスをする必要がないのでとっても楽です。

これらの理由からICLは「永久コンタクトレンズ」と言われています。

 

また何か問題が起きた場合でもレンズを取り出すだけで済みます。

 

術後カラコンも使える

目の中(黒目の裏)にレンズを入れるので、カラーコンタクトレンズを使用することはもちろん可能です。

 

 

ICLのデメリット

もともとICL手術に使用していたレンズだと、眼内の房水の流れが悪くなって眼圧が上がると、虹彩切除手術を行い目の中の水の流れをよくしていました。

これは緑内障の発生リスクを高めていましたが、最近のICLのレンズは中央部分に小さな穴が開いているので、目の中の水の流れを遮る事が減り、虹彩切除手術を行う必要も、緑内障発生リスクも格段に減少しました。

(※注)使用するレンズによって、穴の開いていないものもあります。穴が開いていないものは虹彩切除を行う可能性があるので、医師とよく相談してください。

 

ドライアイやハロー・グレアなどが起こりうる

ドライアイハロー・グレアと呼ばれる視覚障害、光が滲んでいるように見えたりする人はいるようです。

レーシックの術後もこの症状はよく見られるそうですが、角膜を削るわけではないのでレーシックよりはひどい症状にはならないと言われています。

 

その他のデメリット

また、このICL手術により白内障のリスクが高まると言われています。

 

さらに、この後述べますが、金額が高いこともデメリットの一つとして挙げられます。

 

(※注)

ICL手術が良いという人もいれば、失敗だったという人もいるのでそちらも十分参考の上決断してください↓

ICL手術とは何か : ICL手術で失敗しました。

危険はないの?

目の中に異物を入れるというのはちょっと怖いですよね。

レンズが時がたつにつれて劣化したり、破れたり、目の中がゴロゴロしたりしないのか心配になりますが、こういう心配は全くないでそうです!

使用するレンズはソフトコンタクトレンズのように柔らかい素材(コラマー)でできていて、紫外線をカットしてくれる効果があり、さらに生体融合性が高いので炎症が起こりにくく、長期にわたってお手入れの必要がありません

 

レンズが目の中でズレたり、割れたりしない??

なにかの衝撃でレンズがズレたり、割れてしまったら大変なことになりますよね。

ですが、柔らかい素材でできているのでレンズが割れるということは考えにくいそうです。

また、レンズの両端にある突起を目の毛様溝と呼ばれるところに固定するので、よほどの強い衝撃が加わらない限りは、ズレることはないそうです。

 

手術の流れ

手術自体は30~40分程度で済むため日帰り手術が可能です。

手術前にはカウンセリングや検査などを行い、術後にも検査を行います。

 

手術の流れ

①瞳孔を開く薬を点眼

②麻酔を点眼

③黒目と白目の境目を数ミリ切開

④折りたたんだ状態のレンズを入れる

⑤レンズを虹彩(黒目)と水晶体の間で固定

⑥点眼で瞳孔を縮めて終わり!

 

「切開」といっても点眼だけで自然治癒するので縫う必要はありません。

術後、視力は術後1~7日程度で改善を実感できるそうです。

 

ICL手術は痛くないの?

目を数ミリ切開する、と聞くと痛いんじゃないかと思ってしまいますが全く痛みはないそうです。

術前から麻酔を点眼していますし、目を開けた状態で手術をするので、痛いと手術どころではありませんよね。

 

手術費用はいくらかかる??

両目で50~70万円程度です。

 

コンタクトレンズを10年ほど使い続けると60万円近い金額になるそうなので、コンタクトレンズを使い続ける人はICL(永久コンタクトレンズ)手術を検討してみてもいいんじゃないでしょうか。

 

ICL手術を受けられない人はいる??

一度手術を受けるとメンテナンスをする必要もなく半永久的に視力が矯正されるICL手術ですが、この手術を受けられない人はいるんでしょうか??

 

白内障や緑内障など目の疾患がある方は受けられません。

また過去にメスを使った眼球手術の経験がある方も受けられません。

眼球が小さくてレンズを入れられないという方も受けられないそうです。

 

 

注意点

ICL手術は高い技術が必要になる手術です。そのためメーカー側が、十分な技術があると認定した医師に対してICL技術認定証を発行しています。

自分が手術を受けようと思っている病院でこの認定証を確認した方が安心できると思います。

 

また、病院側はメリットばかりを挙げる事が多いと思います。

それを鵜呑みにせず、実際に手術を受けた人の話を聞くなど、自分でデメリットを調べることも重要かと思います。

 

 

まとめ

ICLはまだまだ新しい技術であり、厚生労働省が認可したのは2010年と最近です。

メンテナンス不要で半永久的に視力が矯正できるという素晴らしい技術ですが、今すぐに手術を!というより、少し様子を見て情報を集めてからの方が安心・安全なのかなと思います。