うよきょくせつ

【2018年】超おすすめの漫画100冊をランキング形式で紹介【完結済・連載中・最新作まで!】

f:id:ryura9:20180807014930j:plain

漫画が大好きなオタクが本当に面白いと思う漫画を100冊、ランキング形式で紹介しています。

 

ジャンルは少女漫画から少年/青年漫画、ファンタジー/冒険・バトル・SF・恋愛・スポーツ・日常系・歴史・ラブコメ・ホラー・サスペンス・デスゲーム・サバイバル、なんでもありです。

 

完結済みの名作から、いま話題の新作まで区別せずにランキングに入れています。

同じ作者の作品はできるだけランキングに入れていません。

 

 

このランキングは私が面白いと思った漫画を紹介するものです。

次に読む漫画さがしの参考にしてください。

 

最後に漫画が無料で読める方法を載せています。

お金を払わずにちゃんと合法な方法で好きな漫画を読めるのでぜひやってみてください!

 

長いので、目次から気になる漫画に飛んだ方が読みやすいです。

 

※このページに書かれている情報は2018年4月時点のものです。

 

 

ランキングの前に:マンガを無料で読めるアプリ

 

無料で漫画を読みたい方はこちらのアプリがおすすめです!

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ
マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

 

 

第100位 キリングバイツ/作:村田真哉 画:隅田かずあさ/10巻~

冴えない青年・野本は、謎の少女・瞳と出会い、とある廃棄場へと連れてこられる。行き場のないモノが集められたそこでは、人の頭脳と獣の力を併せ持つ「獣人」達による、凄惨な賭け試合が行われていた――。ぶつかり合う牙と牙、剥き出された野性、渦巻く欲望と狂気。その戦いの名は「牙闘(キリングバイツ)」――!!

 

色んな動物の能力を人の身に取り込んだ獣人たちの異色格闘漫画。

独特の世界観と戦闘描写から人気となりアニメ化されています。

 

所々に動物の解説が載せられていて「へー」ってなります。

基本的には獣人たちのバトル漫画なんですが、時々エッチなシーンがあったり獣人たちに指示を出す偉いさん方の頭脳戦も出てきます。

 

グロシーンは少なく、動物の知識も付きそうでいいと思います。

ラーテルという動物をこの漫画で初めて知りました(笑)

 

第99位 オレ達のパーティーは間違っている/エヌシ/全3巻

これは、ちょっと間違っているファンタジー

鋼の騎士・ナイト、格闘家・モンク、白魔道士・ヒメ、黒魔道士・クロマのパーティー4人は、魔王に決戦を挑む。が…!

「さかのぼれ… うらがえれ… いれかわれ… くずれおちよ…」

魔王の呪いの言葉で、パーティーは離ればなれに!さらに4人には大変な間違いが降りかかる…!

このあといったいどうなってしまうのか!?

 

魔王の呪いで、勇者パーティー四人組にそれぞれ違う呪いが降りかかります。

勇者ナイトの変貌ぶりが一番やばいです。

まさに勇者といった性格だったのが、BL通り越して貞操観念崩壊のガチホモに!(笑)

 

呪いに振り回される4人のギャグ漫画です。

 

f:id:ryura9:20180819205726j:plain

(出典:『オレ達のパーティーは間違っている』)

 

第98位 ぎんぎつね/落合さより/13巻~

とある小さな稲荷神社の跡取り娘と、神使といわれる狐・銀太郎の日常と成長を描いたお話。

神使は普通の人の目には見えず、神社に住み着いている守り神的存在。

おせっかいな性格の主人公は、銀太郎の不思議な力を人のために役立てようとするがー。

 

銀太郎は口も悪いしやる気もないけど、不思議な力を持つ神使の狐。

主人公である15代目跡取・冴木まことは神眼を持つ以外はふつうの女の子といった感じ。

この二人が時にはぶつかり合いながら成長していく日常を描いた漫画です。

 

銀太郎の絵に最初おっと思いましたが慣れるとでかい図体がかわいく見えてきます。

銀太郎以外のきつねもかわいいです。 

 

 

同じ妖怪漫画の夏目友人帳よりほんわかしていて、恋愛要素もあります。

まことと悟君の関係が青春って感じでうらやましい(笑)

 

第97位 アビス/長田龍伯/全8巻

記憶を失い、目覚めたのは見知らぬ迷宮。人を喰らう怪物が無数にうろつく。手元には不思議な力を秘めたトリガーが一つ。安らかに死を受け入れるか? 追い詰められて吠えるか? しぶとく戦い続けるか? 一瞬の油断で命を落とす最難度のサバイバルが始まる!!

 

主人公たちはそれぞれ違う能力が使えるので、それをうまく組み合わせて使って化け物を倒し、脱出を目指しすサバイバル漫画。

 

毎回ありえないくらいのピンチが続きます。

よくこれで生き残れてるなって思うくらい。

 

グロシーンも多々ありますが、頭脳とチームワークで乗り切る系がけっこう好きなので面白かったです。

 

第96位 勇者が死んだ!/スバルイチ/11巻~

平凡な農夫の少年トウカは、ある日突然、世界の英雄である勇者を殺してしまう!!!しかも、その現場を勇者の仲間である少女に見られていた!!
勇者を死なせた男になったトウカの運命は…!!?
落とし穴からはじまる、村人と美少女たちのちょっとエッチな冒険ファンタジー!!

 

勇者が主人公トウカが掘った落とし穴に落ちてまさかの死亡。

主人公の魂を勇者の死体に乗り移らせて勇者ゾンビが誕生します。

勇者、よわっ!!

 

王道ストーリーではなく、生きているキャラがみんなぶっ飛んでいて、ダメさ加減がすごいです。

ゲスな思考の主人公が好きです(笑)

f:id:ryura9:20180819205908j:plain

(出典:『勇者が死んだ!』) 

 

かつての勇者の右腕が裸で走り回ってたりします。

だいたい変態しか登場しません。

 

第95位 龍狼伝/山原義人/全37巻

中学生の志狼と真澄は突然竜によって三国志の世界へと連れ去られ、”竜の子”として翻弄されつつ懸命に生きていく姿を描いた漫画。

 

三国志がベースになっていて、三国志に登場する将軍たちも出てきます。

最近は異世界トリップものだったり転生ものだったりが多いですが、このマンガもそのジャンルの中では面白いと思います。

 

ポイントは男女2人が主人公であることだと思います。

志狼はどんどん強くなっていくのですが、真澄の方は女の子ですから守られる側で兵士たちの女神的存在になります。

最初はこの2人は一緒にいるんですが、敵対する国に庇護されることもあり、どうやって三国志の世界を生きていくのかが注目ポイントです。

 

もちろんバトルはあるんですが、戦いよりも一生懸命生きてる人々の姿に重きを置いている漫画だと思います。

 

第94位 かつて神だった獣たちへ/めいびい/7巻~

禁忌の技術をもって作り出された異形の兵士“擬神兵”。戦乱の国を和平へと導いた彼らは“神”と称えられ、英雄となったのだが、内戦から時を経た今は、ただ“獣”と呼ばれている‥‥。その擬神兵たちを殺すために旅を続ける“獣狩り”のハンク。そして、擬神兵だった父を彼に殺された少女、シャール。父が殺された意味を知るため、シャールは、ハンクと共に旅することを決意する!

 

かつては神と称えられた異形の兵も、平和な世の中ではただの獣。

そんな擬神兵を殺す旅に出たハンクの物語

 

母国の平和のため、大切な人を守るために異形の兵となったのに、平和になったら殺されるとは・・・人間って業が深いなあと思いました。

 

獣と呼ばれて、悪事を働くものもいますが、悪いことはやっていないものも同様に殺されるとは何とも悲しい話です。

擬神兵から人間に戻すことはできないので、駆除するしかないんでしょうが・・・。

 

最近では、擬神兵とはなにか?という疑問のこたえが徐々に明らかになってきました。

ハンク自身が擬神兵なので、彼もやっぱり殺されてしまうのかなと思いつつ読んでいます。

 

『黄昏乙女×アムネジア』と同じ作者です。

 

第93位 クジラの子らは砂上に歌う/梅田阿比/11巻~

砂がすべてを覆い尽くす世界。砂の海を漂う巨大な漂泊船“泥くじら”で暮らす少年チャクロは、誰ひとり見たことのない外の世界に憧れを抱きつつ、仲間たちと変わらぬ日々を過ごしていた。そんなある日、突然漂着した廃墟船の中で、チャクロは1人の少女と出会う…。

 

泥くじらの記録係をつとめるチャクロが主人公で、チャクロが物語の語り手というスタイルで描かれています。

 

表紙を見て分かるようにまず絵が独特、そして世界観も独特です。

雰囲気だけでいえば、ジブリの風の谷のナウシカっぽいです。 

 

 

謎が多いのが特徴かなと思います。

泥くじらの外の世界はどうなっているのか?

サイミアと呼ばれる能力を使えるものはなぜ短命なのか?などなど、読み初めですでにいっぱい疑問が出てきます。

 

雰囲気だけ見てほんわかしているストーリーなのかなと思いきや、大量に人が死んだりします。

 

 

第92位 とりかえ・ばや/さいとう ちほ/全13巻

平安時代、権大納言藤原丸光の2人の妻が、同じ日に玉のように美しい女と男の赤ちゃんを産んだ。女の子は「沙羅双樹の姫君」と、男の子は「睡蓮の若君」と呼ばれ、すくすくと成長するが、沙羅双樹は外を男童たちと走り回る活発な子に、睡蓮は男を怖がり屋敷内で人形遊びを楽しむ内気な子に育っていた。

やがて、沙羅双樹の抜きん出た容姿や才能の噂は帝にまで届き、沙羅双樹は男として元服の、睡蓮は女として裳着の儀が執り行われ、引き返すことはできなくなる。

 

平安時代に、女の子らしい男の子と、男らしい女の子を入れかえて男女逆転させたストーリー

 

奇抜な発想に惹かれて読み始めてみると、この二人は結局どうなるんだろう??と気になってどんどん読んでしまいました。

女の子が男として元服して朝廷に出廷して最初はバレずに大丈夫なんですが、結婚してしまい、

夫:女、妻:夫が男だと信じている女

という関係になり、え?どうなんの?っていう感じでどんどん続きが気になります。

 

時代設定が平安時代なので、ばれたらどうなんの?とハラハラして読みました。

 

第91位 ポーの一族/萩尾望都/全5巻

青い霧に閉ざされたバラ咲く村にバンパネラの一族が住んでいる。血とバラのエッセンス、そして愛する人間をひそかに仲間に加えながら、彼らは永遠の時を生きるのだ。その一族にエドガーとメリーベルという兄妹がいた。19世紀のある日、2人はアランという名の少年に出会う…。時を超えて語り継がれるバンパネラたちの美しき伝説。

 

時が止まった姿のまま永遠に生き続けるバンパネラ(吸血鬼)のお話。

西洋のバンパネラ(バンパイア)伝説がベース。

 

綺麗でどこか切ない、今も色褪せない名作。

はじめて読んだ時は衝撃でした。

不老不死って人の永遠の望みなのに、バンパネラたちの孤独感みたいなものが伝わってきます。

 

「人の世は辛くて悲しいことが多い。だから人はそういうもの(バンパネラ)に惹かれるのよ」という感じのセリフが印象的でした。

人が絶対に手に入れられないものというのに、魅力を感じてしまうものなのかもしれません。

 

同作者の『マージナル』もおすすめです。

 

 

第90位 殺戮モルフ/作:外薗昌也 画:小池ノクト/2巻~

白昼の繁華街を襲った悪夢! 下されるのは血に塗れた惨劇の刃!! 暴虐と異常性MAXの殺人鬼の脅威から生き延びろ! ホラー界最恐タッグが贈るスプラッタホラー開幕!! 

 

凄惨なシーンがあるので一部が黒塗りになった問題作。 

『多重人格探偵サイコ MPD PSYCHO』並みに残虐なシーンがあります。

モルフに影響されて狂っていく主人公が恐ろしい。

 

 

”M(=モルフ)"がまじでこわい!

初っ端から池袋で大量殺人事件が起こります。

主人公のマドカはその現場に居合わせたにもかかわらず、なぜかMは主人公を殺さずスルー

その後Mは逮捕されますが、逮捕されたはずのMが主人公の目の前に現れます。

現れたMは幻覚、のはずが・・・??

 

読んだ後に、モルフが後ろに立っていないかとちょっとビビりました。

知らない間に頭をかち割られてそうでコワい・・・。

 

 

第89位 Back Street Girls バックストリートガールズ/ジャスミン・ギュ/10巻~

人間やめますか?それともアイドルやりますか? 極道3人組がまさかのアイドルデビュー! しかも裏路地アイドルとして人気急上昇!! 鬼より怖い組長の全面プロデュースのもと、裏路地美少女アイドル「ゴクドルズ」としてデビューした極道の元おっさん3人。控室で酒を飲む賭けをする、でもファンの前に出ればアイドルになりきってみせる。漢(オトコ)の娘たちの仁義なきアイドル渡世コメディ!!!

 

設定がぶっ飛びすぎ!

極道三人組がタイに行って性転換手術を受けてまさかのアイドルデビュー(笑)!

 

”男の娘”ならぬ、”漢の娘”ギャグ漫画。

控室にいる時は酒をがぶ飲み、タバコ・賭け事などまさにオッサンなのに、ファンの前では完全美少女アイドル!

極道のおっさんたちの面影がチラホラ出てきて、ギャップがすごいw

 

f:id:ryura9:20180819210933j:plain

(出典:『Back Street Girls バックストリートガールズ』)

 

なんとゴクドルズがアニメ化決定!2018年7月放送開始です!

 

第88位 もやしもん/石川雅之/全13巻

菌が見える特殊能力を持つ、もやし(種麹)屋の次男坊、沢木惣右衛門直保。彼は東京の某農大に入学する。農大を舞台に、沢木と研究室その他の仲間達、そして菌が活躍したりしなかったりのキャンパスライフ。大学生活のモラトリアム感と、菌が満載の「もやしもん」。あなたもぜひ、かもされてみてください。

 

菌を見えるようにする漫画って発想が斬新!

 

漫画を好きそうにない大学の先輩も、参考になるからと持っていた漫画です。

微生物系を勉強しているなら読んでみたら面白いと思います。

微生物系や、お酒の製造から、発酵食品の歴史など学べる学習漫画です。

 

こんな感じのかわいい菌がいっぱい登場します。

 

 

「かもす」という言葉をこの漫画で初めて知りました。

菌がかわいいと思う日がこようとは・・・。

実際に菌が見えたら日常生活が送れないくらい大変だと思います(笑)

 

第87位 うる星やつら/高橋 留美子/全34巻

浮気者の高校生諸星あたると、彼を愛する一途な宇宙人美少女・ラムを中心に架空の町、友引町や宇宙や異次元などを舞台にしたラブコメタッチのギャグ漫画。

 

小さい時に読んでいましたが、今読むとラムちゃん超絶可愛すぎ!!

こんなに一途な女の子っていない!

 

 

ラムちゃん、あたるなんてもう見限れよ、と思いつつ、女の子がみんな可愛くて読んじゃう作品。

 

基本的にギャグ漫画なんですが、時折入るシリアスシーンが大好きです。

ラムちゃんの角がとれ、最終話あたりではちょっと感動しました(笑)

 

何回読んでも飽きない良さがあります。

小さい時に読んで、大人になってもう一度読むと、この漫画の良さが再確認できます。

有名作『犬夜叉』『らんま1/2』もおすすめです!

 

第86位 アイアムアヒーロー/花沢健吾/全22巻

鈴木英雄。35歳。
漫画家のアシスタント生活。妄想の中でしか現実に勝てず、そんな自分に付き合ってくれる彼女との仲にも、不安と不満が募る。
だがある日、現実の世界が壊れ、姿を変えていき…!? 

 

ゾンビもののサスペンス・ホラー漫画。大泉洋さん主演で実写映画化されました。

グロシーンけっこうあります。

 

終わり方はちょっと謎なんですけど、設定は面白いしストーリー展開も面白いので読んでみて損はないかなーと思います。

 

いきなりバイオハザードが始まって、

ゾンビ化する人間とゾンビ化しない人間がいるのはなぜ?

ゾンビ化の原因のZQNってなんだ?

とか考えながら読むと面白い漫画です。

 

f:id:ryura9:20180819212218j:plain

(出典:『アイアムアヒーロー』)

 

第85位 絶園のテンペスト/作:城平京 構成:左有秀 画:彩崎廉/全10巻

ある日、魔法使いの姫君が樽に詰められ島流しにされた。ある日、ひとりの少女が唐突に殺され、犯人が捕まらず時が過ぎた。そしてある日、復讐と魔法をめぐる、時間と空間を越えた戦いが始まった!

 

島流しにされたお姫様を助ける見返りに、妹・愛花を殺した犯人を見つけてもらって復讐を成し遂げようとするストーリー

 

シェイクスピアからの引用が目立つ漫画で、ジャンルは現代ファンタジーですが、謎解き要素が強いです。

『ハムレット』からの引用「世の中の関節は外れてしまった。ああ、なんと呪われた因果か、それを直すために生まれついたとは!」がよく使われています。

 

お姫様が島流しにされたり(笑)、ハムレットの言葉だったり、独特の世界観が好きです。

最後の方でやっと、なぜ愛花ちゃんが死ななければならなかったか理由が分かります。

 

第84位 神様、キサマを殺したい。/松橋犬輔/4巻~休載中?

殺人をただ趣味として行うもはや人間ではなく、別な動物といえる殺人鬼、笛田マコトの殺人現場を咲村千穂は目撃してしまう。彼女を殺そうとするも彼女の話を聞き、マコト(マコちん)は殺害を延期する。彼女の父は横領の濡れ衣を着せられ、彼女の母親を殺し、自殺。妹も何者かにより事故に見せかけ殺されてしまったのだった。マコちんは、彼女に、家族を殺した犯人全員を皆殺しにし、最後に彼女を殺すと宣言。こうして、マコちんと千穂の復讐劇が始まった。

 

復讐を手伝ってもらう代わりに、復讐を終えたら自分を殺していいというヒロイン千穂。

その千穂と契約した殺人鬼マコちんを主人公とした、復讐したいヒロイン&殺人鬼漫画

 

f:id:ryura9:20180819212349j:plain

(出典:『神様、キサマを殺したい。』)

 

笑いながら、心底楽しみながら人を殺すマコちんを見て、まさにサイコパスだと思った作品。

復讐を終えたら自分を殺していい、と言う主人公もすごいしそんな提案をする殺人鬼もすごい。

復讐が終わるまではこのコンビで仲良く?復讐していくと思いきやそうでもなく、マコちんが暴走するのでハラハラします。

あと、猟師のトヨ吉が地味にすごい能力を発揮してマコちんを追い詰めていきます。

 

家族全員を失った千穂のように追い詰められ、この世界に絶望してしまったら、最後に復讐を成し遂げられるなら自分の命なんてどうでもいいと思うんだろうなと感じました。

 

現在4巻までは発売されていますが、一度休載が決まってから以後何のお知らせもないので再開するかは未定です。

 

第83位 クロガネ/池沢春人/全8巻

運動音痴ながらも人並み外れた視力を持つ高校生、黒鉄博人。彼はある日、剣道部員の白鳥乙鳥から、「桜一刀流」で最強と謳われた江戸時代の女剣士の幽霊・刀条さゆりの話を聞く。その後、博人は噂通りさゆりに襲われてしまうも、その一撃をかわす。さゆりは博人を桜一刀流の後継者にする事を決意する。最初は拒む博人であったが、乙鳥が不良たちに絡まれている所をさゆりと共に助けた事で、昔憧れを抱いた「ヒーローになる」事に目覚め、剣道をしながら桜一刀流を学んでいく。

 

運動音痴だが視力だけはいい主人公が、女剣士の幽霊とともに剣道を学んで強くなっていく剣道漫画

 

剣道の事はよく分からないんですが、知らなくても面白かったです。

普段スポーツ漫画は読まないんですが、この作品は面白くて一気に全巻読んでしまいました!

リアルな剣道ではなく、絶対ムリだろと思うような技が出てきます。

展開が早くて、主人公がどんどん強くなっていく爽快感があって楽しかったです。

 

黒鉄かっこいいー!

f:id:ryura9:20180820121009j:plain

(出典:『クロガネ』) 

 

 

第82位 野田ともうします。/柘植 文/全7巻

出身:群馬県 住んでいる場所:埼玉 趣味:読書 特技:石破大臣のモノマネ。そんな地味女子大生・野田さんの素晴らしき地味女子ライフ。

 

地味女子の野田さんの日常を描いた作品。

よくある日常生活が舞台なんですが、出てくるキャラクターが皆個性的で濃いです。

 

野田さんのキャラが特に濃い!野田ワールドが展開されています。

最初から最後までシュールで、クスクス笑えます。

 

読んでると、野田さんと友達になりたい!と思いました。

あと、ロシア文学に興味がわきました(笑)

最初の1巻を読んだら、独特の野田ワールドに引き込まれて最終巻まで一気に読んじゃうと思います。

 

こういう人がいると、楽しいんだろうな~と思います。

学生時代に野田さん的な人がいたら良かったのに、残念。

 

 

第81位 魔法騎士レイアース/CLAMP/全3巻

突然異世界セフィーロに招喚された光・海・風。捕われの身となったエメロード姫を救うために、伝説の「魔法騎士」になった3人の少女の運命は!?

 

アニメ化もされているので有名ですよね。

少女漫画ですが、王道のストーリー展開かと思いきや、実は・・・という漫画。

最後がやるせないというか、なんというか切ない。

悪役として登場していても悪役とは言いきれない性格や背景のキャラクターばかりで、なによりエメロード姫の願いと最期が切なすぎる・・・。

初めて読んだ時はエメロード姫の願いが衝撃的でした。

 

続編2へと続きますが、異世界セフィーロの世界の理がツラいです。

この世界の人々と召喚された3人がどういう結末を選んだのか、それは召喚された3人がいないと出なかった答えだと思います。

 

 

第80位 天は赤い河のほとり/篠原千絵/全28巻

ある日、高校入試に合格した夕梨(ゆうり)の目の前でコップの中の水が勝手にわきあがるという奇妙な出来事が!!さらに、水槽の中から手が出てきたり風呂の中に引き込まれそうになったりと、おかしな事は続く。初めは錯覚だと思っていたのだが、しだいに怖くなっていく夕梨。そしてついに、夕梨は水たまりから出てきた手に捕まって水の中に消えてしまう。やっとの思いで水から逃れた夕梨だが、なんとそこは古代ヒッタイト帝国で…!?

 

現代の女の子が古代ヒッタイト帝国へとタイムスリップする少女漫画です。

主人公を生贄にするべく古代の帝国へ引きずり込んだ犯人は帝国の皇妃ナキアで、ナキアは主人公を殺そうと画策します。

成り行きで皇子カイルの側室となった夕梨は、ナキアに立ち向かうのですが、皇位継承問題や他国エジプトまで巻き込んだ戦いになっていきます。

 

元々現代の女の子だったのですが、順応力が高いのか、主人公が馬に乗って戦場に突っ込んでいったり、軍を指揮したり、アグレッシブさがすごいです。

 

ムルシリ2世(皇子カイル)やラムセス1世(ウセル・ラムセス)、ネフェルティティなど、実在した人物が多く登場します。

 

外伝も何冊か発売されています。

同作者の漫画『夢の雫、黄金の鳥籠』『闇のパープル・アイ』『海の闇、月の影』も面白いです。

 

第79位 ぼくらの/鬼頭莫宏/全11巻

夏休みの自然学校に参加した少年少女15人は、海岸沿いの洞窟でココペリと名乗る謎の男に出会う。子供達は「自分の作ったゲームをしないか」とココペリに誘われる。ゲームの内容は、「子供達が無敵の巨大ロボットを操縦し、地球を襲う巨大な敵を倒して地球を守る」というもの。兄のウシロに止められたカナを除く14人は、ただのコンピュータゲームだと思い、ココペリと契約を結ぶ。その晩、黒い巨大なロボットと敵が出現する。ロボットの中のコックピットに転送された子供達15人の前には、ココペリと、コエムシと名乗る口の悪いマスコットが待っていた。これが黒いロボット・ジアースの最初の戦いであった。戦闘を重ねるにつれ、子供達はゲームの真の意味を目の当たりにすることになる。

 

一度契約してしまえば、負けても勝っても死ぬしかないロボットバトル漫画

操縦者の命を使って動くロボットを操作し、地球を攻めてくる黒いロボットを倒していくストーリーでアニメ化もされていて、主題歌『アンインストール』も有名になりました。

 

ゲームに参加してしまえば、死ぬしかないという衝撃のストーリー。

戦って死ぬか、戦わず地球も滅んで全員死ぬか、どう転んでも死ぬしかない状況で、それぞれの子供たちの心情や背景が描かれています。

 

次々と死んでいくので悲惨ですが、単なる鬱漫画ではなく、それぞれの人間の生き様を色濃く描いた作品だと思います。

なかでも、チズのエピソードが心を抉りました。

死ぬべきはチズではなかったでしょうに・・・。

 

また、読み進めると残酷な真実が明らかになります。

その残酷な真実を知っても、大切な人を守るため、人は戦い続けるしかないのかなと思いました。

 

第78位 地球の放課後/吉富昭仁/全6巻

 謎の生命体「ファントム」によって人類のほとんどが消されてしまった中で、残された4人の少年少女の日常を描いた物語。4人が出会ってから1年後が舞台。

 

ファントムによって人類が消され、残された4人が主人公のSF漫画。

 

f:id:ryura9:20180820121151j:plain

(出典:『地球の放課後』) 

 

最初の方は、4人だけの自由奔放な日常が描かれていて、徐々に「ファントム」についてや、人類が消えた日のことなどの話が出てきて、謎が深まっていきます。

ファントムとは何なのか?

ファントムに消された人々は死んだのか?

なぜ4人だけが残されたのか?

過去や未来など時をまたぐ話まで出てくるのですが、最後はなるほどなという感じでまとまっています

 

水着や入浴など肌の露出が多め。

道路で寝てみたり、沈んだ町で泳いでみたり、お店に残された物を思うままに漁ってみたり、いいなーって思いました(笑)

 

 

第77位 オキテネムル/連打一人/8巻~

突如、現れた謎の寄生生物。寄生した人間を奇妙でおぞましい姿に変化させ異常な行動をとらせるという…一方、高校生・カナタの通う学校では商店街で目撃されたという“人喰いキリン男"のウワサが広まっていた。それは、想像を絶する惨劇の始まりだった。謎の核心となる“オキテネムル"とは?カナタは奇妙な戦いに身を投じることになる……!

 

超人的な視力を持つ主人公カナタが、謎の寄生生物とその黒幕に立ち向かっていくSFアクション漫画。

 

初っ端から首から上がキリンの人喰い男が出てきます。

キリンは草食だろとか思っちゃダメです・・・!

これが読者にインパクトを与えていて、引き込まれます。

 

f:id:ryura9:20180820123208j:plain

(出典:『オキテネムル』)

 

謎の寄生生物に感染すると「キリン男」や「顔だけ女」のような化け物になってしまいます。

寄生生物が宿主を次々とかえていく、その目的とは?

主人公は謎の能力の持ち主で、この現象と関わらざるを得ない状況になります。

 

この寄生生物は何なのか?その黒幕の正体とは?またオキテネムルとは何なのか?

展開が早く、謎にどんどん引き込まれていきます。

 

『王様ゲーム』と同じ作者です。

 

第76位 エデンの檻/山田 恵庸/全21巻

グアムでの修学旅行の帰路、アキラたちは原因不明の飛行機事故に見舞われた! 気を失って目覚めたのは、見たこともない動物が生息しているジャングル。その島は絶滅したはずの動物が闊歩し、しかも島自体が地図に存在しない島だった。襲いかかる猛獣たち。非日常の緊張からパニックを起こすクラスメイト。謎だらけのジャングルで“生き残り”が始まる!

 

飛行機の乗客たちが集団で、獰猛な絶滅動物たちが闊歩する島でサバイバルしつつ、なぜそんなことになったのか謎を解いていく物語。

 

絶滅動物の怖さ・恐ろしさがひしひしと伝わってきます。

そして乗客たちが集団で知恵を合わせてサバイバルしていきます。

 

f:id:ryura9:20180820123408j:plain

(出典:『エデンの檻』)

 

絶滅動物たちがいる世界、ということは過去にタイムスリップしたのか?と思われますが、途中でさまざまな伏線が出てきて、一体どういうことなんだ?!とますます面白くなっていきます。

色んな伏線が出てくるので、考察しながら読むのが一番楽しいです。

マンガ考察するのが好きな方にオススメ。

全部の伏線が回収されたとは言えないんですが、それが余計にどういうことなんだ??と想像させる終わり方です。

 

第75位 人狼への転生、魔王の副官 はじまりの章/作:漂月・西E田 画:瑚澄遊智/3巻~

人狼に転生した主人公ヴァイト(魔王軍第三師団の副師団長)と魔王軍の仲間、そして主人公に関わる人間たちとの物語。

 

元々原作が好きなのでランクイン! 

 

主人公の性格がとにかく魅力的!社会人の方ならヴァイトにすごく共感できそう(笑)

悪役が似合う感じのキャラで、でも穏やかで現実的で草食系男子的な性格。

魔王軍所属で、ものすごく強いという設定ですが、チートも抑えめで、よくあるつっこみどころが多い漫画ではないのがいいですね。

 

主人公が元人間で現魔族ということで、暴走しがちな魔族とビビる人間を仲裁する中間管理職的な立場が人間味があって面白いと思います。

 

作画は全体的にかわいい感じ。犬人がかわいい(笑)

f:id:ryura9:20180820123643j:plain

(出典:『人狼への転生、魔王の副官 はじまりの章』)

 

元々『小説家になろう』で大人気のファンタジー小説をコミック化。

4巻発売を期待しているんですが、いつになるんでしょうかね??

 

第74位 輝夜姫/清水玲子/全14巻

岡田晶は、竹やぶで拾われ施設等で育つが、5歳のときに岡田家に引き取られる以前の記憶を持っていなかった。岡田家では画家である養母にヌードモデルをさせられていたのみならず同性愛関係までも迫られ、その一方で精神的に不安定なまゆからの極度の精神依存を受けるなど満たされない環境に置かれていた。そんなとき、幼馴染の由と碧に出会う。米軍が主催し神淵島で行われるキャンプU.G.に参加することで前科を免除され米国籍を得られるというもので晶は新たな人生を求めて岡田家を出て参加を決意する。

 

『竹取物語』がベースの近未来SF漫画。

 

キャンプU.G.(アンダーグラウンド)→ 何が起きても米軍は責任を負わないサバイバル。ただし優勝者には多額の報奨金と希望する国籍が与えられる。

 

実は晶を含む参加者の少年たちがこの神淵島で育てられたことが判明し、当時の仲間が輝夜姫への生贄にするため殺害された事実や島にある謎の遺跡について思い出します。

 

徐々に世界規模というか地球規模の陰謀につながっていく、壮大なストーリー展開です。

1~2巻あたりまでは雰囲気だけのそれっぽい漫画かなーと思うんですが、その後あたりから衝撃の展開が続きます。

ドナー編が衝撃的ですごいです。

物語の終わり方は賛否の声がありますが、ストーリー自体は徹夜で読んじゃうくらい面白いです。

 

第73位 ヒナまつり/大武政夫/14巻~

ヤクザ×サイキック少女のアーバンライフ・コメディー!

芦川組の若手ホープ・新田の部屋に落ちてきた奇妙な楕円形の物体。それが全ての始まりだった!物体のなかに居たのは、無表情な少女・ヒナ。強力な念動力で新田を脅し、ヒナは新田家に住みつくことに。かくしてヤクザとサイキック少女の危険な共同生活が始まった!

 

ヤクザ新田とサイキック無表情少女ヒナの脱力系ギャグ漫画!

シュールで、すごく面白いので笑えます。

なんかクセになるわー。このコンビすごくいい!

 

f:id:ryura9:20180819212725j:plain

(出典:『ヒナまつり』)

 

ヤクザの新田さんが意外と常識のある人間で、ヒナの能力に全く頼ろうとしないことから、ヒナが徐々に心を開いていくのが分かります。

シュールな笑いで面白いですが、人間模様も描かれている作品です。

 

新田さんのキャラクターが大好きで、読むたびに爆笑させてもらってます。

コンクリ詰めで殺されそうになったりしています(笑)

 

シュールでゆる~い漫画が好きな人にはおすすめ!

2018年4月からアニメ化されています!

 

第72位 砂時計/芦原妃名子/全10巻

両親の離婚を機に、母親の実家・島根にやってきた植草 杏。慣れない土地で、初めはその雰囲気に馴染めなかった彼女だが、北村大悟たちと知り合うにつれ、自分の居場所を見つけていく。そんななか突然、杏の母が亡くなって・・・!!

 

少女漫画の不朽の名作。

主人公杏の過去・現在を描いた作品。

 

年齢によって変わっていく心情どうしようもない事に対する葛藤だったり、親子や家族関係だったり、人の想いだったり、ものすごく印象的な作品です。

恋愛もあるので、キュンキュンしたりドキドキしたりという要素はあるんですが、主人公やその周囲の人の心理描写がすごく上手に描かれていて、キラキラした少女マンガというより、心に訴えかけてくるものがある少しシリアスな漫画です。

杏が自殺遺児であることが大きいと思います。

 

島根県の仁摩サンドミュージアムにある砂時計が随所に出てきて、すごく印象に残っています。

 

ドラマ化・映画化・小説化されています。

映画は夏帆さんと松下奈緒さんのダブル主演。

 

第71位 ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章/原作・設定:川又千秋 脚本:小柳順治 画:藤原カムイ/全15巻(完全版)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンは地上で自らの国を築き、2つに分かたれたロトの紋章を代々伝えてきた。また、アレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。

ゾーマが倒れて100年。世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。

魔王軍に襲われたカーメン城は陥落してしまうが、産まれたばかりの王子であるロトの子孫アルスは家臣の手により救出され、魔のものの近づけぬ聖域へとかろうじて逃げ延びる。カーメンの王子の懐柔に失敗した魔王軍の襲撃を受けたローラン城も陥落し、産まれたばかりの王子は邪の名前を与えられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとして育てられてしまう。

アルスが聖域に匿われて10年の月日が過ぎた頃、聖域にも魔王軍の魔の手が及び始める。アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

 

マンガ版ドラクエといえば、ダイの大冒険とロトの紋章ですが、ロトの紋章はダイの大冒険と比べるとかなりシリアスです。

内容もテイストも全くちがい、主人公アルスが3人のケンオウを探し異魔神に戦いを挑むストーリーです。

 

f:id:ryura9:20180820131444j:plain

(出典:『ドラゴンクエスト列伝ロトの紋章』) 

 

印象に残っているのはポロンが覚醒するシーン。

冥王ゴルゴナもインパクトのある魔王でした。6人が蜘蛛から分離するシーンはなんかキモかった・・・。

 

また最後の戦いが一番印象的で、まさに死闘でした。

ドラクエらしさも残しつつ、オリジナルのストーリー展開なので、ドラクエを知ってる・知らない関係なく楽しめる作品です。

 

第70位 働かないふたり/吉田覚/13巻~

対人恐怖症の妹と、社交的でエニート(エリートなニート)な兄。働く気ゼロのアホ兄妹によるぐーたら日常漫画。

 

タイトル通り、働かないふたりの兄妹の日常を描いた作品ですが、すごく笑えて面白かった!

ニートが許せない人には向かない作品ですが、それ以外の人にはすごく笑える漫画だと思います。

 

明るく楽しいニートなふたり。

f:id:ryura9:20180820131650j:plain

(出典:『働かないふたり』)

 

兄妹以外のキャラクターもみんな個性的で、いつもくだらない小学生レベルのアホなことをして遊んでいるのが癒されます(笑)

お母さんのツッコミがいい!

 

妹は対人恐怖症で、キラキラした場所や人を怖がって避けていたり、外出も嫌がるようなところに少し共感しました。

働かなくてもとても自由に、肩身の狭い思いをすることなく気ままに生きているのを読んで、生きるのに疲れたらこういうのもいいのかなと思いました。

友達になってほしい(笑)

 

良い意味で肩の力が抜けるような作品なので、真面目な人にもオススメです。

 

 

第69位 転生したらスライムだった件/作:伏瀬 画:川上 泰樹 その他:みっつばー/7巻~

通り魔に刺されて死んだと思ったら、スライムに転生しちゃってた!?相手の能力を奪う「捕食者」と世界の理を知る「大賢者」、二つのユニークスキルを武器に、スライムの大冒険が今始まる!

 

弱肉強食の世界でスライムが部下を作り、村をつくったり魔王と戦ったり大冒険するストーリー。

最近よくある異世界転生もの。

転生したらモンスターになったという設定はありがちかもしれませんが、ストーリーは独自路線で展開が面白くて引き込まれます。夢があるなー。

読み進めるとどんどん面白くなっていきます。どうなるのかワクワクしながら読んでいます。

 

f:id:ryura9:20180819213008j:plain

 (出典:『転生したらスライムだった件』)

 

1回読んでみて!なろう出身の漫画でもこんなに面白いのか!って思うから!(なろう=小説家になろうサイト)

 

絵は可愛い感じですが、スライムが一番かわいい(笑)

部下たちの進化後の姿が格好いいです。

タイトルはスライムとしていますが、ただのスライムじゃなくてもうウルトラスーパーキングスライムですよ。

ゲームで最弱イメージのスライムでは断じてありません。主人公強い系の漫画です。

 

主人公スライムは擬人化しますがマジで女の子にしか見えません。スライムだから男女関係ないのかも。

ハーレム展開がないのが嬉しい。

 

アニメ化決定!2018年秋放送予定です。

 

第68位 終わりのセラフ/作:鏡貴也 コンテ構成:降矢大輔 画:山本ヤマト/16巻~

突然発生したウイルスにより大人たちが死に絶え、人間社会が崩壊してから4年。残された子供たちは吸血鬼たちが住む地下都市に囚われ、血液を提供する代わりに生かされるという家畜同然の生活を送っていた。その中の一人、百夜優一郎は「家族」である百夜ミカエラたちと共に地下からの脱出を図るが、ミカエラたちは脱出計画に気付いた吸血鬼たちの手にかかって死亡し、優一郎は唯一地上へ帰還する それから4年後、吸血鬼への強い憎しみを胸に秘めた優一郎はミカエラが吸血鬼として蘇ったことを知らないまま、帝鬼軍の門を叩く。

 

鬼を使う鬼呪装備で戦う人間vs吸血鬼の戦いを描いた漫画。

吸血鬼を憎む主人公優一郎は帝鬼軍に入隊し、吸血鬼と戦う中でさまざまな問題に巻き込まれていきます。

 

主人公の優一郎は熱血漢というか若干脳筋っぽいんですが、ミカエラとの友情が尊い・・・。

ミカエラは吸血鬼になってしまったので、敵味方に分かれて戦うことになるかと思いきや、人間vs吸血鬼という図式から徐々に誰が敵か分からない事態へと混迷していきます。

人間側から吸血鬼に情報をリークしていたのはまさかの人物でした。

 

最近徐々に色んなことが明らかになってきて盛り上がりを見せています。

 

幼少期はまだふたりとも人間だった・・・。

f:id:ryura9:20180820132057j:plain

(出典:『終わりのセラフ』)

 

 

第67位 デッドマン・ワンダーランド/片岡人生、近藤一馬/全13巻

10年前に東京を襲った大災害「東京大震災」により長野県へ疎開していた五十嵐丸太は、クラスメイト達と平凡な生活を送っていた。しかしある日、丸太の通う中学校に「赤い男」が現れたことで彼の運命は一転することになる。

「赤い男」によってクラスメイト達を目の前で殺された丸太は、なぜかクラスメイトを殺した犯人に仕立て上げられ、無実の罪で死刑を宣告されて完全民営化刑務所「デッドマン・ワンダーランド」(以降、「DW」)へ送致されてしまう。そこで丸太は自分が「赤い男」の手により「罪の枝」と呼ばれる特殊能力を持つ人間「デッドマン」になっていたことを知り、やがて幼馴染みの少女シロとの再会、そして他のデッドマン達との戦い・交流を経て「赤い男」を巡る陰謀に巻き込まれていくことになる。

 

不条理と戦うことがテーマの漫画だと思います。

主人公ガンタもそうですし、他のキャラクターも同様に不条理と必死で戦い、そしてなかには死んでいく人も。。。

シロが悲惨すぎて、あんな風になってしまったのに納得。彼女には幸せになってほしい・・・(;_:)

 

理不尽に殺されていくキャラもあるのですが、それってこの世の中と何も変わらないんじゃないかなーとも思いました。

どうしようもできない不条理な出来事で死んでいく人もいれば、乗り越えて生きていく人もいるし、そんなものとは無縁に幸せに生きている人もいるのは同じだなと思います。

 

デッドマン・ワンダーランドと言われる刑務所で、カーニバルコープスと呼ばれる罪の枝を使って戦う殺戮バトルを強いられつつ、赤い男の正体、罪の枝とは何か、シロの正体、シロとガンタの関係、すべての黒幕が徐々に明らかになっていきます。

グロシーンあります。

 

第66位 COPPELION/井上智徳/全26巻

決して誰も見てはいけない未来───。

西暦2036年、東京は死の都と化していた。変わり果ててしまった元首都を目指す3人の女子高生、荊(いばら)・葵(あおい)・タエ子。彼女たちに課せられた重大な任務とは‥‥!? 危険度指数MAXの旅が、今、始まる─────。

時は西暦2036年。東京は原発事故による放射能汚染で封鎖されていた。そんな死都・東京に3人の女子高生が送りこまれる。彼女たちの名は[COPPELIONーコッペリオンー]。遺伝子操作によって生まれつき放射能の抗体を持つ、陸上自衛隊・第三師団所属の特殊部隊である。果たして、どんな運命が彼女たちを待ち受けるのか!? キケンな旅が今、始まるーーー!!

 

遺伝子操作によって放射能の影響を受けない女子高生たちのSFアクション漫画。

設定が斬新で、メッセージ性が高いです。

任務のために生み出され、突然死のリスクを背負いながらそれでも懸命に人々を救助していく姿は心を打つものがあります。

 

f:id:ryura9:20180820132246j:plain

(出典:『COPPELION』 )

 

東日本大震災が起こる前から連載がスタートし、連載中に3.11がありながら苦悩しつつ連載を続けた作品だそうです。

東日本大震災が起こった後に読んだ漫画なので、妙にリアルに感じました。

放射能を無効化できるように遺伝子操作された人間というのはもしかしたらあり得る話なのかなと思いました。

 

原発や放射能が根幹にあるので、今後こういう漫画は出てこないだろうなと思います。もう二度と描けないであろうテーマだからこそ、読んでほしいです。

 

第65位 BLEACH/久保帯人/全74巻

黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚(ホロウ)」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?

 

主人公一護(いちご)が死神となり活躍するバトル漫画。

74巻という長編人気漫画。

 

実はこれ、外国人の友達がハマっていて教えてもらってから読み始めた漫画です。

外国でアニメが放送されていてハマったそうで、すごく人気があるんだそう。

 

キャラクターがみんな個性的です。

ルキア、織姫、雨竜、チャドなどなど。藍染が一番好きだったなー。

 

卍解が格好いいですよねー!戦闘シーンの描き方がうまい!

 

 

尸魂界(ソウル・ソサエティ)篇が一番面白いピークだと思います。

尸魂界救出篇までは文句なしに面白いので21巻までは絶対読んでおくいて損はないです!

ただ、色んな伏線が最後の最後で回収されてるので、長いですが最終巻まで読むのもいいと思います。

 

福士蒼汰さん主演で実写映画化されました!

 

第64位 憂国のモリアーティ/原案:コナン・ドイル 構成:竹内良輔 画:三好輝/5巻~

コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』がベース。

時は19世紀末、大英帝国最盛期のロンドン──この国に根付く階級制度に辟易するモリアーティ伯爵家家長子・アルバート。孤児院から引き取ったある兄弟との出会いによって、世界を浄化するための壮大な計画が動き出す。名探偵シャーロック・ホームズの宿敵、モリアーティ教授の語られざる物語の幕が開く──!!

 

ダークヒーローたちが悪を裁くクライムミステリー。

ジェームズ・モリアーティが主人公で、もともとは孤児院で暮らす最下層の身分の少年でしたが、非常に知能が高くアルバート・モリアーティに見出され、弟ルイスとともにモリアーティ家に引き取られます。

身分制度と腐敗した貴族連中を取り除き理想の国を作るため、モリアーティ家の人々を殺害し、モリアーティ家次男ウィリアムに成り代わります。

 

主人公たちは悪役ですが、階級制度の上位に位置し人々を不当に虐げる悪辣貴族を独自に裁いていく義賊的な役割です。

モリアーティ教授、カッコよすぎ!

 

目的のためなら殺人も厭わないところがまさにダークヒーロー。

 

コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』では宿敵だった悪役モリアーティを主人公にするのが斬新で面白い設定だと思います。

 

 

第63位 ブラッククローバー/田畠裕基/15巻~

かつて世界が魔神とよばれる存在によって滅ぼされようとした時、1人の魔導士が現れて魔神を打倒し、世界を救った。後にその魔導士は伝説となり魔法帝と呼ばれた。 それから時は過ぎ、クローバー王国は代々の魔法帝とその下に存在する9つの魔導士集団「魔法騎士団」によって平和を謳歌していた。そこに住む貧民の孤児の少年・アスタは、同じ孤児である少年・ユノと共に、魔法帝を目指して日夜鍛錬を続けていたが、魔法の才能溢れるユノとは正反対に、アスタは全く魔法を使えずにいた。 やがて15歳になり、魔導書(グリモワール)が授与される日、ユノをはじめとする周囲の者達へ魔導書が与えられるが、アスタだけには与えられなかった。その後、ユノの魔導書を狙う盗賊によって、アスタは自分が生まれながらに魔力を一切持たない人間であることを知る。アスタは絶望して夢を諦めかけるが、ユノの言葉に闘志を再び滾らせ、魔法を無効化する力を宿した「五つ葉の魔導書」を手に入れ、盗賊を撃退する。 改めて魔法帝を目指すことを決意したアスタは、半年後、最低最悪の魔法騎士団と言われる「黒の暴牛」に、ユノは最強の魔法騎士団「金色の夜明け」にそれぞれ入団する。2人の魔法帝を目指すための一歩が、ここから始まる。

 

魔法を無効化する魔導書を手にしたユノがライバルと競い合いながら魔法帝を目指す、大人気ファンジー漫画。

 

ジャンプにありがちの前向き熱血バカっぽい主人公で、ちょっと苦手かなーと思ったんですがストーリーが面白く、気にならなくなりました。

王道の少年漫画で、友情・努力・不屈の精神などまさにジャンプ!

魔導書を使って魔法が使えるので、戦闘シーンは迫力があります。

 

ユノ少年がまさに不屈の精神の持ち主で、どんな時でもめげずに逆境に立ち向かっていきます。

ユノが過去に例のない「五つ葉の魔導書」を手に入れたり、魔法が当たり前の世界で全く魔法が使えなかったり、でもなぜか魔法を無効化できたりという設定は面白いなと思います。

 

 王道の少年漫画が好きな人におすすめです。

《五枚目には”悪魔”が棲むーーー》

このフレーズでワクワクしちゃう人はぜひ読んでみて!

f:id:ryura9:20180820132548j:plain

(出典:『ブラッククローバー』)

 

 

第62位 魔入りました!入間くん/西修/4巻~

両親の私欲で悪魔に売られた不憫な少年・入間くん。孫のいない悪魔に溺愛されて悪魔の学校に通うことになり!? 悪魔たちと楽しく(?)過ごす魔界学園ファンタジー!!

 

両親に売られて悪魔の孫になった不憫な少年入間くんが、魔界で楽しく明るく過ごすファンタジー系コメディ漫画。

 

f:id:ryura9:20180820132842j:plain

(出典:『魔入りました!入間くん』)

 

入間くんに備わった能力が”超回避能力”って地味に人間の域を超えている気がする(笑)

超回避能力や他のミラクルが重なり、悪魔たちを勘違いさせながらなんとか悪魔たちに混じって学園生活を送っています。

カルエゴ先生が不憫(笑)

 

斬新さはないんですが、安定して面白いですね。

コミカルなやり取りや、巻き込まれてのドタバタ劇など気楽に読める漫画です。

自分を売った両親に会ったら「コラ」と怒るだけですませようとするような超お人よし少年入間くんが、偶然と誤解が重なってこのまま魔王になっていきそうです(笑)

 

 

第61位 魔王遭難中!!!~愉快な仲間達を添えて~/遠田マリモ/全2巻

長きにわたる天使との戦いで魔力を失った魔王は、人間の魂を吸収し、その力を回復せんと画策する! 信頼する四天王とともに人間界へと旅立つ魔王だったが、辿り着いた先は、絶海の孤島だった…! 魔法が使えないその島で、魔界の支配者と部下たちの悲しすぎて逆に笑えるサバイバルが始まる!!

 

魔王と部下の四天王が魔法なしで、人間界の孤島でサバイバルするギャグ漫画。

勇者系や魔王系のギャグ漫画って最近多いんですが、その中でもこの作品が一番好き!

ホント笑える!

 

f:id:ryura9:20180820132954j:plain

(出典:『魔王遭難中!!!~愉快な仲間達を添えて~』)

 

調子に乗って人間界に乗り込んだはいいけど魔法が使えないから魔王様と四天王はただの人。

剛剣士ゼシールの外見の変わりっぷりがすごいです(笑)

四天王それぞれのキャラのインパクト強すぎ!

 

魔法が使えたら超強かった人たちが魔法を使えなくなって凡人並みに転落し超弱気になるけど、過去のプライドも捨てられないしというのがおかしくてジワジワきます。

魔王様が波打ち際で1人黄昏ているシーンとか、もう何やってんのって感じで面白いです。

もうすべてのシーンが笑えてきますw

 

第60位 Helck/七尾ナナキ/全11巻

魔界のとある国。1人の勇者の手によって、魔王が倒された。「もう魔王におびえることはない」と人間達が笑みで溢れかえっていたころ、魔界では、新魔王の座をかけて熱きバトルが繰り広げられようとしていた!!そこに現れたのはまさかの…!?

 

魔王亡き後、次の魔王を決める大会にまさかの勇者参戦!次の魔王はまさかの勇者?!

最初は勇者ヘルクが本当に謎です。

ヘルクは人間の勇者であるにもかかわらず、魔界の人々と仲良くなって、人間と戦ったりします。

 

f:id:ryura9:20180820133225j:plain

(出典:『Helck』)

 

いろいろ謎は解けていくのですが、最後は涙なしには読めません・・・。

ヘルクは本当に勇者だった!

最初は魔界にとけこむために「人間滅ぼそう」と言っていたと思いきや、この言葉がどれほど重いものだったのか明らかになります。

どんな気持ちでヘルクがこのセリフを言っていたのかと思うとホントに切ない。

ネタバレになるから言いませんが、もうね、みなさんHelckを読んでください。

 

途中から最後に向けてはシリアスシーンも増えてきてめっちゃシリアスになるのですが、最初の方はほのぼのしていてギャグ要素満載です。ヴァミリオさんがよくヘルクにツッコんでいます。

ギャグも面白いけど、テンポよく進む展開にどんどん引き込まれていきます。

 

第59位 タッチ/あだち充/全12巻(完全版)

双子なのに、兄はグウタラ、弟はスーパーマン。隣の南ちゃんはとにかくカワユイ!! 大ブームを巻き起こした青春まんが!!

 

超有名野球恋愛漫画。

 

和也が死んだのはホント驚きでしたし、読者にはインパクトは強かったでしょうね。

和也の死後、めんどくさがり屋の達也が「甲子園に連れて行って」という南の夢をかなえるためにがんばるという内容ですが、まさに青春ラブストーリー

ある意味、青春の理想の形なのかも。

今読んでも色褪せない名作ですね。

 

最初はぐーたらだった達也が、野球を通して、周囲の人たちを通して、成長していきます。

告白シーンは漫画界屈指の名シーンなんじゃないでしょうか。

 

レオタード姿の南ちゃんがとくにかわいかった(笑)

 

第58位 夏目友人帳/緑川ゆき/22巻~

「妖怪が見える」という秘密を抱えた孤独な少年・夏目。強力な妖力を持っていた祖母・レイコの遺品である「友人帳」を手にして以来、妖怪たちから追われる羽目に!! 祖母が妖怪たちと交わした「契約」をめぐって、用心棒・ニャンコ先生とともに忙しい日々を送ることになった夏目は…!? あやかし契約奇談!

 

祖母レイコがやらかした尻拭いをする優しい少年が主人公。

レイコが作った、名前が書かれた妖を従えられる”友人帳”を発見した主人公は、名前を妖怪たちに返していくというストーリー。

1つの妖に対して1~5話程度で完結する短い物語の連作方式です。

 

描写が全体的にやわらかいというかゆったりしていて温かい感じです。

感動する話が多いですね。

泣けてきます・・・。

 

人と妖怪の心情をうまく描いていて、主人公は最初は少しかたくなだったのが、出会いと別れを繰り返し徐々に心を開いていくのが分かります。

読んで癒される妖怪漫画ですね。

 

あと、ニャンコ先生がかわいい。

 

映画「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」が2018年9月29日から上映されます。

 

第57位 モブサイコ100/ONE/15巻~(16巻で完結予定)

主人公のモブこと影山茂夫は、師匠の霊幻新隆の元で除霊のアルバイトを勤める超能力者の中学二年生。しかし特別な力は生きていく上で不要だと考えており、注目されることなく素朴に生きていた。勉強もスポーツもできず、人付き合いにも不器用な彼だったが、そんな自分を変えるために脳感電波部からの勧誘を断って肉体改造部へ入部するところから物語は始まる。

 

ギャグ漫画ではありますが、主人公モブの成長物語でもあり青春ドラマのような一面もあります。

ボケとツッコミが秀逸で面白いし、モブの感情が高ぶり数字が100に達した時の見開きページは迫力です!

 

悪役含めキャラクター全員すごく人間臭くて親しみやすさがあります。

主人公に憑りついたエクボが好きです。

 

f:id:ryura9:20180820133733j:plain

(出典:『モブサイコ100』) 

 

『ワンパンマン』と同じ作者で、絵は正直上手じゃないんですが中身で勝負している漫画です!

この漫画を読んだことがない人はとりあえず1回読んでみて!絶対面白いから!

 

現在15巻が発売され、連載では完結しましたが16巻はいまだに発売されていないようです。

 

アニメ化、濱田龍臣さん主演でドラマ化もされました。

 

第56位 今際の国のアリス/麻生羽呂/全18巻

理不尽な「げぇむ」を生き延びろ!

やりきれない日常に苛立つ高校生・有栖(アリス)良平が悪友の苅部(カルベ)や張太(チョータ)とブラつく夜、街は突然巨大な花火に包まれ、気づけば周囲の人気は消えていた。
夜、ふらりと入った神社で告げられる「げぇむ」の始まり。一歩誤れば命が奪われる理不尽な難題の数々を前に、アリスの眠っていた能力が目覚め始める… 「呪法解禁!!ハイド&クローサー」の麻生羽呂が全くスタイルを変えて挑む戦慄のサバイバル・サスペンス、開幕!

 

今際の国で、生き残るために理不尽な”げぇむ”に挑むデスゲーム系漫画

 

ゲーム中一瞬でも気を抜けば死んでしまうほどの命がけのサバイバルで、さらにゲームに参加しないと”びざ”が得られないので自動的に殺されるという世界です。

ゲームで負けると死にますが、勝つとポイントがもらえそのポイントを得ることで滞在期間を延ばすことができます。

 

f:id:ryura9:20180819213336j:plain

 (出典:『今際の国のアリス』)

 

知略でどうにかなるというものではなく、体力・知力・機転・瞬発力・心理戦・洞察力・思考力・頭脳戦・だまし合いなど自分のすべてをかけてゲームに挑んでいくサバイバル漫画。

ただし、ゲーム一つ一つの難易度がめちゃくちゃ高い!

私なら初めのゲームでとっくに死んでます・・・。

 

展開の煽り方がうまくて非常にハラハラしながら読めます。

デスゲーム系が好きな人は絶対ハマります。

 

第55位 悪の教典/作:貴志祐介 画:烏山英司/全9巻

先生も、生徒も、親も、みんな怪物! 頻出するトラブルを解消すべく、とびきり有能な英語教師が暗躍する。その果てに待っていたのは、犯罪史上に残る未曾有の大事件だった!! 貴志祐介の話題作を完全漫画化した、漆黒のスクール・サイコホラー。

 

原作が貴志祐介っていう時点でもう怖い話だというのは分かっていましたが、読んでみると、こわっ!!

学校ってこんなに怖いところだったけ??と思いました。

 

f:id:ryura9:20180820133928j:plain

(出典:『悪の教典』)

 

英語教師の蓮実(愛称:ハスミン)が主人公なんですが、最初はふつうの教師に見えるのに、読み進めると徐々に垣間見える本性が恐怖をあおります

学校が蓮実にとって自分の王国で、自分に不利になるなと思う相手を容赦なく排除していきます。

ハスミンが犯人なんじゃないかと疑った人間もすべて排除していき、最終的には・・・。

 

ハスミンがサイコパスすぎて展開が全く読めない!

怖いんですけど、怖いもの見たさみたいな感覚でどんどん続きを読んでしまいます。

最後はえらいことになりますが、終わり方は変えてほしかったかなー。

 

伊藤英明さんで実写映画化されました。

 

第54位 将国のアルタイル/カトウコトノ/20巻~

将軍(パシャ)と呼ばれる為政者たちの治める
草原と砂漠の国・トルキエ将国。

隣国・バルトライン帝国との戦争から12年、
交易で得た巨万の富をもって復興を遂げたトルキエに、
再び帝国の魔の手が迫る・・・。

就任10日目の新米将軍・マフムート、犬鷲・イスカンダルを相棒に
国家間に渦巻く陰謀と策略を切り裂く!

 

少年将軍マフムートを主人公にした、本格的な架空軍記もの漫画

 

マフムートはトルキエ将国史上最年少(17歳)で将軍に上り詰めた天才少年で、トルキエ将国を守るため敵国と戦うストーリーです。

 

将軍になったばかりの頃のマフムートは武術や戦術に優れてはいるものの、まだまだ未熟さが目立っていましたが、敵の策略にはめられてからは己の未熟さを痛感し、徐々に成長していきます。

 

絵は綺麗な感じなんですが、中身は設定の作りこみが緻密で素晴らしいです。思惑渦巻く各国の設定や戦地の話はとてもリアルな感じで、いきなり何かに覚醒したり、都合よく勝利するような奇跡も起きません。その分生々しく、儚さが感じられます

 

絵から見てわかるように、全体的に中東やアラブっぽい感じです。

 

マフムートだけにスポットを当てているのではなく、色んな人の思惑などが絡み合った、大陸全土で各国が争う様を描いているので壮大です。

どうなるの?!とワクワクしながら読めます。予想に反した、どんでん返しもあります。

 

アルスラーン戦記など軍記ものが好きな人は絶対気に入るんじゃないかなと思います。

 

アニメ化されています。

 

第53位 ガラスの仮面/美内すずえ/49巻~

演劇にすべてを賭ける少女・北島マヤ。その激しく一途な生き方が、熱い感動を呼び続ける!

 

超有名漫画の1つで、演劇漫画。

主人公北島マヤは何のとりえもなさそうでドジな子なんですが、演技する際は何かが乗り移ったかのような神憑り的な演技をする少女です。

かつての大女優・月影千草先生の指導の下、どんどん成長していきます。

 

読んだことは無くても誰でも一度は聞いたことのある漫画だと思います。

主人公は北島マヤなんですが、私はマヤのライバル姫川亜弓が一番好きです!

読んでいたら分かるんですけど、姫川亜弓は努力の人!

血のにじむような努力をして結果を残してきた人なので、その生きざまに感動します。

 

まだ完結していないので、紅天女はどうなるのかなー?最新巻はまだ出ないのかなー?と思いつつ、何年も過ぎています(笑)

マヤと真澄とお嬢様の泥沼3角関係がどうなるのかだけでもいいから知りたいですよね。

 

 

第52位 Übel Blatt~ユーベルブラット~/塩野干支郎次/22巻~

20年前の闇の軍勢封印の時である。仲間を裏切り、虐殺し、勲章を奪った者たち…彼らは“七英雄(しちえいゆう)”と称され、帝国の民の尊敬を集め、栄華の座に上りつめた。一方、簒脱の果てに虐殺された者たちの一人、青年剣士アシェリートは、妖精の血肉を食らい、生き延びる。そして容姿を少年に、名をケインツェルに変え、20年の時を経て、七英雄に復讐すべく旅に出る。復讐の旅路で、ケインツェルを待ち受けるものとは? 壮大なスケールでお贈りする、ダークファンタジー!

 

復讐がメインのダークファンタジー。タイトルはドイツ語で「邪悪な刃」。

 

20年前、青年剣士アシェリートは仲間たちとともに闇の軍勢を封印することに成功しますが、その仲間に裏切られ瀕死の状態に。

妖精を食らうことで生きながらえ、20年の時を経て、かつての仲間に復讐するため旅に出ます。

 

かつて自分を裏切った仲間たちは七英雄として民衆に称えられる英雄となっています。

そしてアシェリートは妖精を食べた影響で姿が少年に変わり、名をケインツェルと変え七英雄を1人1人復讐しています。

 

ちなみに、20年経って復讐することになったのは、アシェリートが妖精を食べて融合?し体になじむまで20年かかってしまったということです。

 

七英雄として成り上がった民衆の英雄を殺していく中で、新たな仲間と出会ったり圧政に苦しむ人々を助けたりもします。

経緯はどうあれ、でに民衆の英雄として地盤を築いている七英雄を自分の復讐心だけで殺していくのがこの漫画の特徴だと思います。

七英雄が殺されると当然のように世の中は混乱していきます。

独特の世界観が出来上がっていて、疾走感がありどんどん展開が変わって面白いです。

 

この漫画の0巻では、裏切りの槍が出てくる黒翼剣軍編と幼いころのアシュリートの話が載っています。

 

1巻から読んでもいいんですが、0巻から読んだ方が流れが分かりやすく、しっくりきます。

 

第51位 シャーマンキング/武井宏之/全27巻(完全版)

霊能力者(シャーマン)の少年麻倉葉(あさくら よう)が、シャーマンの頂点を決める戦い「シャーマンファイト」に参加し、全知全能の力を持つシャーマンキングとなるための戦いを描く物語。

 

主人公・葉がシャーマンファイトに参戦し、シャーマンキングを目指して戦う中、双子の兄ハオが最大のライバルとして登場してくる霊能力バトル漫画

霊を憑依させて戦うのが特徴です。

 

葉と、最大の敵である双子の兄ハオとの戦いがこの漫画のメインだと思います。

ハオ様がめちゃくちゃ強いです(笑)

 

この漫画のキャラクターは全員どことなくゆるくて、真剣な戦いをしているはずなのに所々で癒されます。

イタコ・恐山やネクロマンシーなどマイナーな霊関係のものが登場します。

独特のギャグセンスで、なんかゆるい感じがします。

 

ファウストにヒラキにされてしまったまん太くんや、ハオの誕生シーンは読んだ当時衝撃でした。。。

 

この作品は連載途中で打ち切られてしまったので、終わり方が納得できなかったんですが、完全版の方ではちゃんと完結していますので、読むなら完全版をおすすめします。

 

 

第50位 テラフォーマーズ/作:貴家悠 画:橘賢一/20巻~休載中?

「全く見た事のないものと出会う時、人間は人間ではいられない。」
西暦2599年──。火星のテラフォーミングが進行し、その地表は一面の苔とある生物で覆われていた。そして、選ばれし15人の若者達は重要任務の遂行を期待され、有人宇宙船『バグズ2号』に搭乗し、火星へと向かう。かの地で彼らを待つ、想定外の進化を遂げた生物の正体とは…!?

 

 火星のテラフォーミング用に放たれたことで人型へと進化したゴキブリ「テラフォーマー」と、それを駆除するために特殊な手術を施された人間との戦いを描いたSF漫画。

 

火星のゴキブリと人類が戦う漫画。

発想が斬新ですよね。ゴキブリvs人間の漫画を描こうと思う発想がすごいです。

よく思いついたなと感心します。

この漫画を読んで思ったことは「ゴキブリまじですごい」。

 

人間側はゴキブリに対抗するため、人間以外の生物の力を移植する手術をし強化して挑むんですが、なんとゴキブリ側でもその手術を施された人間を使ってゴキブリを強化してしまうんです!

ゴキブリの順応力高すぎでしょ!

 

このようにすごいゴキブリたちなので、読んでいると絶望的な戦いが多くドキドキが止まりません。

ここからゴキブリ出てくるの?!とハラハラします。

そしてゴキブリがキモい、なんか喋ってるし。

 

f:id:ryura9:20180819213601j:plain

(出典:『テラフォーマーズ』) 

 

こんなの見たら、そりゃ固まるわ。

グロシーン多め。

アニメ化、実写映画化されました。

 

作者の体調不良により休載していましたが、2018年4月から再開予定。

 

第49位 文豪ストレイドッグス/作:朝霧カフカ 画:春河35/14巻~

孤児院を追われ横浜にたどり着いた青年・中島敦は、自殺しそびれて川から流れてきた男を助けることに。男の名前は太宰治…荒事解決を生業とする異能力集団「武装探偵社」に所属する彼は、世間を騒がす「人食い虎」騒動を調査していて…!?

 

文豪たちがイケメン化してバトルする異能アクション漫画。

太宰治、芥川龍之介、中島敦、国木田独歩、江戸川乱歩、与謝野晶子、宮沢賢治など超有名な文豪たちが登場します。

ただ、元の文豪の性格などは考慮されていません。

 

中島敦は武装探偵社に所属し、ポートマフィアやギルドと戦います。

設定も面白いし、バトルも独特で読んでいて楽しいです。

文豪たちはそれぞれに対応する特殊能力があり、太宰治→人間失格、中島敦→月下獣など、スタイリッシュ!

 

乱歩さんの能力が一番すごいと思います。

 

「文豪ストレイドッグスDEAD APPLE」映画化されました。

ノベル化、アニメ化されています。

 

第48位 弱虫ペダル/渡辺航/55巻~

ママチャリで激坂を登り、秋葉原通い、往復90km!! アニメにゲーム、ガシャポンフィギュアを愛する高校生・小野田坂道、驚異の激コギ!! ワクワクの本格高校自転車ロードレース巨編!!

 

主人公のオタク高校生が自転車に出会い、自転車競技部のメンバーとともにロードレースに打ち込んでいく物語

 

今泉との勝負で才能の片鱗を見せ始めた主人公・小野田は自転車競技部に入部します。

その後レースや過酷な練習を行うのですが、勝負が熱い!

 

f:id:ryura9:20180819213730j:plain

 (出典:『弱虫ペダル』)

 

自転車とかロードレースには全く興味はなかったんですが、これはハマりました!

一進一退の攻防や、手に汗握る展開など、自転車レースってこんなに熱いのかと驚きました。

たぶん作者の臨場感をあおる描き方がうまいんでしょうね。

夢中になって一気に読んじゃう漫画です。

 

第47位 BIRDMEN/田辺イエロウ/11巻~

変えてみないか? この退屈な世界を…!!

「一人の方が気楽だ」

変わらない日常に不満をもらす日々を送る、中学生の烏丸英司。

ある日、学校中で広まる「鳥男」の噂が、彼の“変わらなかったはず”の日常を大きく変えていくことに…!?

 

学校中で広まる”鳥男”の噂。

ある日主人公たちが事故にあったとき、鳥男が現れる――この出来事が主人公たちの運命を大きく変え、世界を変えていくストーリー。

 

f:id:ryura9:20180820134238j:plain

(出典:『BIRDMEN』) 

 

主人公はネガティブ根暗でひねくれた性格をしていますが、頭の回転が速く負けず嫌いです。万人受けするとは言い難いですが、私は好感が持てました。

主人公らは5人いるんですが、キャラがはっきりしています。それぞれの能力もバラバラなので面白いと思います。

 

変身ヒーローものっぽいんですが、SF要素やバトルアクション要素もあり、話の進め方も面白いです。

どんどんストーリーが広がっていき話のスケールが大きくなっていきます。

 

『結界師』と同じ作者です。

 

第46位 ONE PIECE/尾田栄一郎/88巻~

海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。

 

誰でも知ってる超有名作。

笑いあり涙あり、バトルに友情などまさにジャンプの王道をいく海賊漫画。

 

空白の100年の謎や、歴史の本文(ポーネグリフ)、Dとはなんなのか、ルフィの母親はだれなのか、など色んな謎や伏線がたくさん出てくるのが面白いですよね。

 

頂上戦争あたりまでは面白かったんですが、最近はバトルシーンが長くてほとんど話が進みません。。。

最初はゾロがすきだったんですが、最近は紳士的なサンジ推しです。

 

第45位 銀河鉄道999/松本零士/全21巻(愛蔵版全10巻)

永遠に生きることができる機械の体を夢見る少年・星野鉄郎とその母親。しかし、機械伯爵の人間狩りにより母親は殺されてしまう。逃げ延びた鉄郎も吹雪の中、力尽き倒れてしまうが、謎の美女・メーテルによって助けられる。しかもメーテルは、自分と同行してくれれば、ただで機械の体を手に入れることができる星・アンドロメダへ行く“銀河鉄道999”の乗車パスもくれると言うのだった。

 

機械の体がほしい鉄郎が謎の美女メーテルとともに、銀河鉄道にのってアンドロメダまで旅をするSF漫画。

 

面白いというより、考えさせられる哲学的な漫画だと思います。

永遠に生きられる機械の体か、有限の限られた生を生きるのか。

アンドロメダに行くまでに色んな惑星に停まるのですが、そこで出会う人々がみんな強烈な印象を与えていて、すごく考えさせられるものばかりです。

 

最後のどんでん返しにはびっくりしました。

アニメ版もいいですが漫画版とは少し違いますし、やっぱり漫画版が一番だと思います。

 

第44位 静かなるドン/新田たつお/全108巻

近藤静也は昼は下着会社で働くさえないデザイナー、夜は関東最大の広域暴力団・新鮮組の三代目総長。昼と夜の二足のワラジをはく静也の前途は……?そして、ヒロイン・秋野さんとの恋の行方は……?

 

 昼間はしがない平社員、夜は部下を1万人以上抱える暴力団の組長という主人公なんですが、リアルなヤクザ漫画ではなく、全体的にコミカルで後半あたりは少しファンタジー的な要素も入ります。

 

主人公の近藤静也が”ザ・任侠”といった任侠の鑑のような人物で、昼間とのギャップが良いですね!

組長バージョンでは冷静沈着なのに心の中には熱い義侠心を持っていて、格好いいんですよね。

その義侠心にかられてやることに部下たちが振り回されててなんか可愛い(笑)

 

最初はとくに期待せずに読み始めたんですが、読み始めると夢中になってどんどん続きを読んじゃうくらい話が面白いですし、キャラクターも魅力的です。 

 

いまならココで無料で読めます⇒<スキマ/p>

第43位 NARUTO-ナルト-/岸本斉史/全72巻

ここは木ノ葉隠れの里。忍術学校の問題児、ナルトは今日もイタズラ三昧!! そんなナルトのでっかい夢は歴代の勇者、 火影の名を受けついで、先代を越える忍者になることだ。だがナルトには出生の秘密が…!?

 

初めは九尾の妖狐を封印されているということで敬遠されていたナルトですが、仲間達と出会い、努力を重ね修行でどんどん成長していくストーリーで、忍びたちの戦いを描いています。

 

バカっぽい主人公は正直苦手なんですが、人気作だけあって読み進めていくと面白くなってきます。

キャラクターがすごく個性的なのもこの漫画の特徴です。サスケはとくに、ツンデレではなくツンツンで、ナルトとのやり取りが印象的でした。

大人のキャラクターもいいですねーとくにカカシ先生が大らかで好きです。

 

漫画のテーマとして「諦めないこと」を推してるのかなと思います。

 

NARUTO-ナルト-の続編『BORUTO‐ボルト‐』も発売されています。

 

 

第42位 斉木楠雄のΨ難/麻生周一/25巻~(26巻で完結)

彼の名前は斉木楠雄、超能力者である。

誰もが羨む才能も、本人にとっては災難を呼ぶ不幸の元凶。故に人前では力を封印、目立たず人と関わらずを心掛けてきた斉木だったが、何故かワケあり同級生が急接近!?

 

クールで冷めた超能力者の主人公と、彼の周囲の人々との日常を描いた超能力ギャグ漫画。

 

絵柄とか、対象年齢が低そうで食わず嫌いでしたが、読んでみると面白い!

冷めてて淡々としている主人公と、周りの人のギャップがすごい(笑)

 

f:id:ryura9:20180820134444j:plain

(出典:『斉木楠雄のΨ難』) 

 

登場人物がみんな個性的で濃くて、燃堂のキャラがイイ!

ずっと安定して面白いっていうのもポイントだと思います。

 

アニメ化、映画化されました。

連載で完結してしまいました。。。ショック―!

 

第41位 鋼鉄の華っ柱/西森博之/全9巻

誰もが羨むスーパー御曹司、坊ちゃん高校生、御前崎真道!!
これがまさかまさかの転落人生を味わうハメに!
グループ旗艦企業の倒産を境に財産は没収され城のような御殿も失った。お国の世話になる覚悟も決めたがお付きの者達に引き留められ真道の悲しくも可笑しい逆境ライフがスタート!!

 

超絶お坊ちゃまである主人公・真道がいきなり無一文の庶民に転落し、それでもお付きの者たちと前向きに生きていくストーリー。

 

前向きに生きていくストーリーなので主人公は健気とか、ポジティブ思考なんだろうなと思いますが、確かにポジティブなんでしょうが主人公のあざとさが目立ちます。

めげない、とかじゃなく鋼鉄のメンタルの持ち主で、物凄くたくましい人間。

基本的に紳士で俺様で冷静沈着なんですが、実はすごくプライドが高くて自分本位で策士。

 

f:id:ryura9:20180819213857j:plain

(出典:『鋼鉄の華っ柱』)

 

何が起きても真道とその仲間達なら生きていけるだろうと思えるくらいの性格がうらやましいです。

底辺からのし上がっていくのが爽快感がありますね。

 

色んな問題を真道ならどう解決するんだろう?とわくわくして、頭脳で圧倒的に解決していくのがもう清々しい!真道の策にハマっていくのが痛快です。

芯のぶれない感じもすごくいい!真道がいたら絶対仲間に加わりたいなと思いました。

 

『天使な小生意気』も好きです。

 

第40位 王様達のヴァイキング/ストーリー協力:深見真 その他:さだやす/15巻~

2013年5月7日、浅草の取り壊し寸前のビデオ屋での“怪物”と“天使”の邂逅が、大航海の始まりだった。天涯孤独の天才ハッカー・是枝一希が、エンジェル投資家・坂井大輔に導かれ、数々のサイバー事件を解決していくうちに、信頼できる仲間を得て、才能を大きく開花させる、その成長の航跡を描く。

 

サイバー攻撃を繰り返す犯罪者の天才ハッカーがエンジェル投資家に出会い、そのずば抜けた能力を買われ成長していくストーリー。

 

プログラミングやハッキングなど全然知識はないんですがとにかく面白いです!

絵は粗いんですが、ストーリーがいい!

 

主人公はいつもオドオドしていて人間関係で苦労しているのですが、ハッキングになると一変しものすごい集中力を発揮します。

主人公は天才が多いサヴァン症候群っぽい感じです。

エンジェル投資家と出会い、徐々に信頼できる仲間を見つけて成長していく姿に熱くなります。

 

ハッキングって犯罪のイメージしかなかったんですが、この漫画ではゲームのようなスリリングなものとして描かれています。もはやバトル

たまに説明もあるんですがよくわからなくても充分楽しめます!

 

f:id:ryura9:20180820134701j:plain

(出典:『王様達のヴァイキング』) 

 

プログラミングなどつくる側の苦労はこの漫画で初めて知りました。

つくる側も投資する人も、命かけて必死にやっているんだと教えてくれる漫画です。

 

 

第39位 主に泣いてます/東村 アキコ/全10巻

とある美人絵画モデル・紺野泉は自他ともに認める絶世の美女であるが、あまりの美貌がゆえに薄幸の人生を生きてきた。そんな彼女の望みは「ただ好きな人のそばにいること」。不幸を約束された絶世美女が幸せを求めて非モテ人生を突き進んでいく。

 

絶世の美貌を持つ薄幸美女・泉と、彼女に関わる人々の騒動を描いたシュールなラブコメ漫画。

 

美人は得なんだろうなと思っていましたが、美人すぎると大変なんだなと思った漫画。

働こうとすれば男たちから惚れられストーキングされ刃傷沙汰になり、結果夜逃げを繰り返すことになり、働けないため無職に。

 

漫画では絵画教室のモデルをしており、主人公泉はそこの講師の愛人。

控えめで世渡りが下手な性格なので、絵画教室に通う中学生つねちゃんにお世話になりつつ、非モテ人生を目指して奮闘します。

つねちゃんのチョイスで、惚れられないようにするためにコスプレをするのですが、表紙を見て分かるように、子泣き爺やネズミ男など、どれもかなりシュールですw

 

 

おもわず笑ってしまうので、人がいない所で読んだ方がイイです。

「生まれ変わったらブスになりたい」とまで言う泉さんですが、最後はハッピーエンドになって良かったです。

 

菜々緒さん主演でドラマ化されました。

 

『海月姫』と同じ作者。

 

第38位 黒執事/枢やな/26巻~

舞台は19世紀末期のイギリスを舞台としたパラレルワールド(コミックス第1巻あとがきより)。名門貴族・ファントムハイヴ伯爵家の執事セバスチャン・ミカエリス。彼は日頃の執事としての業務は勿論、全てにおいて完璧。幼い領主シエル・ファントムハイヴと共に裏家業である「女王の番犬」として動く。悪魔であるセバスチャンと契約をしたシエルは暗い過去を持っていた。シエルの過去や因縁、事件などに翻弄されつつ、セバスチャンとシエルは難問を解いていく。

 

超有名ですよね。

悪魔と契約した少年貴族シエルが悪魔セバスチャンとともに女王の番犬として活躍するファンタジー漫画。

絵がきれいで、中世ヨーロッパ的な世界観です。

 

キャラクターが個性的で、辛い過去を持つシエルを応援したくなります。

セバスチャン格好いいわー。

悪魔のセバスチャンと契約した時点でハッピーエンドはないようなものですが、シエルは最後どうなってしまうのか気になりますね。

ハッピーエンドじゃないと分かっているっていうのも、この漫画の世界観と合っていていいですよね。

 

個人的にはノアの方舟サーカス編が一番好きです。

 

26巻では衝撃の展開になりました。。。

今後の展開から目が離せませんね!

 

 映画化、舞台化されています。

 

第37位 ぬらりひょんの孫/椎橋寛/全25巻 

妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継ぐ少年を主人公とする怪奇ファンタジー。現代の日本を舞台に、百鬼夜行が激突する任侠妖怪の世界を描いた物語

 

妖怪の血を4分の1受け継ぐ人間の少年リクオが、奴良組の妖怪を率いて戦う和風ファンタジーバトル&任侠漫画。

妖怪ヤクザ漫画ともいう。

 

最初の方はなんだかありがちな漫画かなーと思うんですが、読み進めると絶対ハマります。

妖怪たちの抗争が面白いですね。

 

妖怪時のリクオも格好いいんですが、おじいちゃん(過去編)がもうホント格好いい!

つらら、青田坊(あおたぼう)、黒田坊(くろたぼう)、首無(くびなし)、牛鬼(ぎゅうき)、鴉天狗(からすてんぐ)、鴆(ぜん)など、主人公の側近たちのキャラクターも魅力的です。

敵キャラの羽衣狐も圧倒的な力とカリスマ性があり魅力的でした。

 

水墨画のような絵が綺麗で、妖怪と非常によくマッチしています。

かっこいいわ~!

f:id:ryura9:20180820135332j:plain

 (出典:『ぬらりひょんの孫』)

 

人情ものが好きな人にはオススメ!

 

同作者の『ILLEGAL RARE』もおすすめです。

 

 

 

第36位 七つの大罪/鈴木央/30巻~

かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊・〈七つの大罪〉。今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった! 痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!

 

”七つの大罪”と言われる騎士団がヒロイン・エリザベスとともに敵を倒していくファンタジーバトル漫画。

 

”七つの大罪騎士団”は七人の大罪人からなる騎士団で、それぞれが

憤怒、嫉妬、強欲、怠惰、色欲、暴食、傲慢

の罪を背負っています。

 

リオネス王国奪還編では、騎士団長殺しの濡れ衣を着せられ、真実を知るため、母国を救うため散り散りになった仲間を集め、真実を追いかけます

 

その後の十戒編でメリオダスの過去や3000年前の真実が明らかになります。

 

王国奪還編で十分面白かったんですが、十戒編でさらに面白くなってきました!

メリオダスもエリザベスも今後どうなっちゃうんでしょうか!

 

 

七つの大罪メンバーが全員濃いキャラクターです。

バンはすごくちゃらちゃらした軽い性格なのに、聖女エレインとの話がいいですよね!

巨人族のディアンヌが可愛い~!

 

残飯処理騎士団団長のホーク様が可愛くて癒されます❤

 

 

 

第35位 マギ/大高忍/全37巻

オアシスからオアシスへと隊商[キャラバン]が移動する… これは、そんな世界を旅するアラジンたちが紡ぎ出す、魔導冒険奇譚!!

全ての生命の魂をつなぐ[ルフ]。世界を導く王を選定する[マギ]。[ルフ]に愛され、その力を借りることで[マギ]は不思議な力を発揮できる。アラジンはその[マギ]の一人。一方、[黒いルフ]により世界を堕転させ、暗黒に陥れることを願う[アル・サーメン]という組織も存在。[ルフ]に愛されたアラジンは、彼が王と見込んだアリババ、そして元奴隷でアリババの眷属となったモルジアナと共に、次第に組織と戦っていくこととなる。

 

 

マギであるアラジンを主人公にした、魔法とバトルのファンタジー漫画。

メインキャラは、アラジン・アリババ・モルジアナ。

 

魔法や迷宮、ルフなどの幻想的な世界観が特徴的で、国家の政治や戦争などもよく取り上げています。

 

どんどん話が壮大になります。

今後はこうなるかなーというのが分からなくて展開が読めないのが面白いです。

途中、もうシンドバッドが主人公でいいんじゃない?と思いました(笑)

 

子供向けの明るく軽い内容かと思いきや、テーマはけっこう重い気がします。

悪ってなんなんだろう?など色々と考えさせられるようなメッセージ性のあるシナリオになっています。

単純な悪、というのは存在していなくて、ある人から見れば正義、ある人から見れば悪になるんだろうなと思いました。  

 

第34位 聖☆おにいさん/中村光/14巻~

目覚めた人ブッダ、神の子イエス。世紀末を無事に越えた二人は、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごしていた。近所のおばあちゃんのように、細かいお金を気にするブッダ。衝動買いが多いイエス。そんな“最聖”コンビの立川デイズ。

 

ブッダとイエスの日本での日常生活を描いた日常コメディ漫画。

もうホント面白すぎる(笑)

何回読んでも笑ってしまいます。

 

f:id:ryura9:20180819214137j:plain

 (出典:『聖☆おにいさん』)

 

ブッダとイエスが日本の立川でバカンスを楽しむなんて、発想が斬新ですよね!

 

ブッダとイエスの性格がそれぞれ個性的で、人間くさくて面白い!

なんでブッダとイエスが、コンビ”パンチとロン毛”でお笑いやってるんだろう(笑)

 

神様的存在なのに、ブッダはシルクスクリーンが趣味の節約主婦っぽいし、イエスは海外ドラマ好きでいろんなものをついつい衝動買いしてブッダに怒られるし、親近感わきます。

2人の性格がはっきりしていて、たまに漫画の枠外に「こういう場合どうする?」的な質問に二人が答えているのが載っているんですが、それを見ると一層親近感がわきます。

 

宗教ネタもちょくちょくあるんですが、宗教とか関係なしに楽しめる作品です。

逆にこの漫画でキリスト教と仏教に興味がわきました。

お笑いがツボに入ったらイエスが石をパンに、水を葡萄酒に変えてしまったり、イエスの血が触れたものは聖遺物となってしまったり、イエスの弟子の漁師兄弟や、イエスを裏切ったユダが出てきたり、ブッダに巨象をけしかけ毒を塗った爪で襲い掛かったディーバダッタの話が出たりと、非常に興味をそそられます。

 

がっかり度数を表わすのに「ユダ級」とさらにその上の「ディーバダッタ級」があります(笑)

 

周りに人がいても笑ってしまうので、一人で読むことをオススメします。

絶対面白いから読んでみてください!

 

イエス役を松山ケンイチさん、ブッダ役を染谷将太さんで実写映画化されました。

 

第33位 ヨルムンガンド/高橋慶太郎/全11巻

―――僕は、武器商人と旅をした。

両親を戦争で失い、兵器や武器に関する一切を憎む主人公の元少年兵ヨナは、神の悪戯か、若き武器商人の女性ココ・ヘクマティアルと、その部下である「ヒトクセもフタクセもあるが優秀な私兵8人」と世界各地を旅する事になる。

武器商人としてのビジネスと、そこに群がる敵の排除を重ねていくヨナ達だったが、その裏でココのある「計画」が浮かびあがってくる。

 

戦争で何もかも失った少年兵ヨナを主人公にした、世界平和のために武器を売る武器商人の話。

 

ヨルムンガンドとは、北欧神話に登場する毒蛇の化け物のことを指していて、この漫画だと「世界蛇」としていますね。

 

ココたちが企てる世界平和のための計画とは何か、が徐々に明らかになっていきます。

世界平和のために武器を売るという矛盾した言葉に惹かれて読み始めました。

 

そのヨルムンガンド計画のもとになったココの発想がすごいです。

狂気的ともいえるココと、絶望しつつ希望を捨てきれないヨナ・・・。

 

f:id:ryura9:20180819214414j:plain

(出典:『ヨルムンガンド』)

 

バトルシーンや銃撃戦も多いですが、やはり戦争って?平和って?というテーマが大きいですね。

 

 

第32位 アカメが斬る!/作:タカヒロ 画:田代哲也/全15巻

帝国の圧政によって苦しむ村の少年剣士・タツミは、旅の途中で殺し屋集団「ナイトレイド」の一員である赤目の少女・アカメと出会う。そして仲間達と共に、腐敗した帝国に立ち向かう、中世的なSF要素を織り交ぜたダークアクションファンタジー。

 

弱者が虐げられ殺される帝国をどうにかしようと、命がけで殺し屋集団ナイトレイドが活躍するダークファンタジーアクション漫画。

 

帝具といわれるものを使って戦う、帝国vs殺し屋たちの戦い。

敵味方関係なく主要キャラクターがバッタバッタと死んでいくのがびっくり。さすがダークファンタジー。

殺し屋集団に所属しているからには、自分が死ぬ覚悟をして戦い、そして戦いの中で死んでいくのが、すごい覚悟だなと思いました。

その覚悟のすごさに惹きこまれてどんどん読んじゃった感じです。

 

最初から最後までぶれずに終わったので良かったかなと思います。

 

主人公たちナイトレイドはもちろんなんですが、敵キャラたちが魅力的なのも特徴だと思います。

とくにエスデスが、なんでこの人敵キャラなの?っていうぐらい。皇帝も、育てられ方が違えば名君でしたよきっと。

 

グロシーン・残虐シーンあります。

 

f:id:ryura9:20180819214616j:plain

(出典:『アカメが斬る!』)

 

アニメ版とはタツミ、マイン、クロメの結末が少し違っていて、漫画の方がハッピーエンドに近いです。

エスデスが切ないーー!

 

アカメのその後を描いた作品『ヒノワが征く!』(作画はstrelka)が出版されています。

 

 

第31位 ひぐらしのなく頃に/作:竜騎士07/全30巻+番外+外伝

惨劇の幕は、ここから上がる。
雛見沢村で楽しい日常を過ごしていた少年・前原圭一は、ある日、この村で起きている連続怪死事件の事を知る…。

 

昔ながらの村落で起きた連続怪死・失踪事件の顛末を描いた連作式のミステリーホラー漫画。

 

当時話題になっていたので軽い気持ちで読んでみたら、後悔するぐらいめちゃくちゃ怖い!!

もうね、読みながら「うわああああ!!」って叫んだくらい。読んだ日は怖くて寝られなくなりました・・・。

 

狂気がすごい!もう猟奇的!

解答編で謎は解けていくミステリーなんですけど、ホラーとして私の中では一番です。

怖いのが苦手な人は読まない方がイイです。

 

 出題編として「①鬼隠し編」「②綿流し編」「③祟殺し編」「④暇潰し編」、次に解答編として「⑤目明し編」「⑥罪滅し編」「⑦皆殺し編」「⑧祭囃し編」の順に発表されています。

①→⑧の順で読めば問題ないです。

 

 

第30位 ワンパンマン/ONE/16巻~

一撃必殺! 強くなりすぎて、どんな凶悪な怪人もワンパンチで倒してしまうヒーロー“サイタマ"。平熱系最強ヒーローの伝説開幕!! WEB界のカリスマと超絶絵師タッグが贈る、日常ノックアウトコミック!!

 

あらゆる敵をパンチ1発(ワンパン)で倒してしまう最強ヒーロー・サイタマが主人公のギャグ系アクション漫画。

 

怪物が次々と現れる世界で、その分ヒーローも多く、ヒーロー協会なんてものもあります。

 

f:id:ryura9:20180819214733j:plain

(出典:『ワンパンマン』)

 

文字通りパンチ1発で敵を瞬殺できるので、圧倒的。

他のキャラクターは普通レベルなので、バトルも緊張感がありますが、サイタマが出てくると最強すぎて雰囲気が一変します、というかワンパンで終わります(笑)

サイタマひとりが、強さが突き抜けています。

かといってサイタマが英雄視されているかといえば全然そんなこともなく。

 

サイタマは最強になったせいでハゲになるし無気力になるし、でもかなり親しみやすいキャラクターです。

他のヒーローたちも魅力的で、とくに無免ライダーが強さはどうあれ正義感の強い高潔な人物でまさにヒーローといえます。

 

バトルシーンは描き方が上手で迫力があります。

 

 

第29位 ゴールデンカムイ/野田 サトル/13巻~

『不死身の杉元』日露戦争での鬼神の如き武功から、そう謳われた兵士は、ある目的の為に大金を欲し、かつてゴールドラッシュに沸いた北海道へ足を踏み入れる。そこにはアイヌが隠した莫大な埋蔵金への手掛かりが!? 立ち塞がる圧倒的な大自然と凶悪な死刑囚。そして、アイヌの少女、エゾ狼との出逢い。『黄金を巡る生存競争』開幕ッ!!!!

 

北海道で金塊探しをする、バトル&グルメ&歴史&アイヌ漫画。

 

金塊の手がかりとなるのは凶悪な死刑囚たち。

ただ、手掛かりを集める方法がちょっとエグいです。

 

金塊探しっていうだけでけっこうワクワクします(笑)

f:id:ryura9:20180819214844j:plain

(出典:『ゴールデンカムイ』) 

 

アイヌの狩猟生活や狩猟グルメなどのサバイバルや、アイヌ・北海道の歴史などいろんな要素をたくさん含んでいるので面白いです。

日本人ですけどアイヌのことってほとんど知らないので、そういう意味でも面白い漫画かなと思います。

 

キャラクターが全員濃いです。

普通の人はほとんど登場しません。

死刑囚たちが変人というか変態しかいません。

 

第28位 D.Gray-man/星野桂/25巻~休載中?

「機械」「魂」「悲劇」を材料に造り出される悲しき悪性兵器「AKUMA(アクマ)」。AKUMAの製造者で世界終焉への計画を進める「千年伯爵」。 そして、唯一AKUMAを破壊できる神の結晶「イノセンス」に選ばれた存在である、「エクソシスト」達。主人公・「アレン・ウォーカー」もその一人であった。 アレンは世界とAKUMAに縛られた魂を救うべく、仲間と共に長く険しい戦いに身を投じていく。

 

主人公アレンも含めたエクソシストたちが、千年伯爵率いるノアの一族とAKUMAたちと戦うダークファンタジー漫画。

 

中世ヨーロッパのような世界観で、少しダークなファンタジー漫画です。

 

設定やストーリーに独創性があってイイですね。

伏線がたくさんあって、展開が気になります。

 

敵→AKUMA・千年伯爵・ノアの一族、味方→教団と最初はキレイに分かれているんですが、徐々にその境目があいまいに・・。

主人公アレンとノアの一族との関係も徐々に明らかにされていき、結局主人公はどっちなんだ?と思うことも。

というか、アレンはアレンのままでいられるんでしょうかね??

 

教団も正義というにはやりすぎ感が否めませんね。

神田とアルマの件に関しては教団はやりすぎかなーと思います。

 

「足を止めるな歩き続けろ」がモットーのアレンの必死に生きる姿に惹かれます。

 

 

第27位 亜人/桜井画門/11巻~

「亜人」と呼ばれる生物は「死なない」。高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬがその直後に生き返った。それは彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。圭をとりまく環境は一変した。彼は人間たちから逃げ惑うことになる。友人のカイは怯える圭を助けるために駆けつけ、二人で人里を離れて山の中に逃げ込んだ。そんな彼に人間と敵対する亜人たちが接触してきた。

 

亜人と呼ばれる死なない生き物vs政府のバトル漫画。

イかれたテロリスト佐藤と主人公圭の2人の亜人を中心に話が進みます。

正直主人公より佐藤の方が目立っています。

 

設定が独特のものなので、先が読めないのが面白いですね。

死なない、という設定を活かしたストーリーになっています。

死なない相手が敵、というのはどうやって終わらせるのか気になりますね。

 

不死身なんですが戦闘シーンには緊迫感があります。

 

キャラクターの個性が強いのも特徴ですね。

主人公を含めた登場人物はみんな性格がゆがんでいるんですが、強烈なキャラクターです。セリフがしびれますね!

主人公は正直言って頭のいいクズです、利用できなくなったら簡単に見捨ててしまうような冷酷さがあります。

しかし周りの人々と関わる中で少しずつ変化していきます。

 

佐藤健くん主演で実写映画化されました。

 

第26位 COBRA/寺沢武一/全18巻

はるか未来、人類が自家用宇宙船で外惑星に行くことが可能となった時代……。

貿易会社に勤め、平凡な日々を過ごすサラリーマンのジョンソンは、退屈しのぎにT.M.株式会社のアミューズメントを体験する。脳に信号を与えて夢を見させるトリップ・ムービーの中には左腕にサイコガンを持つ海賊コブラが登場、波乱万丈のストーリーは最後に主人公が海賊ギルドに追われ賞金首となり姿を消したところで終わった。満足したジョンソンはT.M.社の担当に自分の夢の概要を語ると共に礼を言うが、担当は、ジョンソンが見た「夢」はプログラムしたトリップ・ムービーの内容とは異なっていると首をひねる。

帰路についたジョンソンだが偶然の事故で夢の中に登場した海賊バイケンとそっくりな男と出会い、バイケンの名を口にしたため殺されかける。その瞬間、自分の左手が銃に化けて撃ち倒し、危機から逃れた。彼は、自分が本物のコブラであること、血なまぐさい過去から逃れるため記憶を消し顔を整形し、世間にはコブラは死んだことにし、数年前から別の人生を送っていたことを思い出していく。しかしサイコガンを見せたことでギルドには顔が割れてしまった。

記憶と本能を呼び起こされた男は、相棒の女性型アーマロイド「レディ」と共に、スリリングで危険に満ちた人生に戻るため、宇宙へ飛び出していく。

 

左腕にサイコガンを持つ宇宙海賊コブラの活躍を描くSFアクション漫画。

 

古い漫画ですが、今読んでもやっぱり面白いですね!

アクション、スピード感、魅力的なキャラクター、ストーリーなど今の時代の漫画と遜色ないです。

まさに男のロマンっていう感じで、ハリウッド映画を見ているような気分になります。

 

f:id:ryura9:20180820143324j:plain

(出典:『COBRA』)

 

コブラがホントに格好いい!こんな人いたら絶対惚れる(笑)

一番印象に残っているのはクリスタルボーイが出てくる話ですね。

 

これを読んでつまらないという人はいないでしょっていうくらい、何回よんでも飽きない名作、ハードボイルドな痛快SFアクション漫画です。

 

第25位 YAWARA!/浦沢直樹/全29巻

主人公・猪熊柔が、「普通」の女の子になりたいという願いと、自身の柔道の才能との間で葛藤しつつも、徐々にその力を発揮・自覚し、日本国内を始め世界のスポーツの祭典アトランタオリンピックまで雄飛してゆく姿を描く柔道恋愛漫画作品。

 

柔道の天才だが、それ以外はいたって普通の女の子が主人公の柔道漫画。

 

国民的漫画ですよね!

なぜここまでこの漫画に惹かれるのかと考えたときに、やっぱり主人公の柔ちゃんが普通の可愛らしい女の子で、飾らない自然体でいるところが大きいのかなと思いました。

柔道をやりたくない女の子と柔道をやらせてオリンピックに出したいお爺ちゃんの攻防はけっこうありますが、柔ちゃんが恋愛進路に悩む等身大の女の子であることが大きくて、周りの人たちとの人間ドラマを見せてくれるのが一番の魅力なのかなと思います。

 

キャラクターも魅力的で、とくに富士子さんを筆頭に大学時代の女子柔道部員たちはびっくりするくらい個性的です。

富士子さんが実は一番柔道の天才なんじゃないかと思ってます(笑)

柔道に関しても、柔ちゃんがオリンピックに出るシーンには感動しました。

柔ちゃんが今までに出会った人々が、それぞれの立場から柔ちゃんを応援しているのを見て泣きそうになりました。

 

漫画好きなら絶対読んでおくべき漫画です!

 

第24位 ワールドトリガー/葦原大介/18巻~休載中

28万人が住む三門市に、ある日突然異世界への「門(ゲート)」が開いた。門からは「近界民(ネイバー)」と呼ばれる怪物が現れ、地球上の兵器が効かない怪物達に誰もが恐怖したが、謎の一団が近界民を撃退した。彼ら、界境防衛機関「ボーダー」は、近界民に対する防衛体制を整え、依然として門から近界民が出現するにも関わらず、三門市の人々は今日も普通に生活していた。

門が初めて開いてから4年半後、三門市にやってきた空閑遊真が、三雲修に出会う所から物語は始まる。

 

主人公らボーダーが、ネイバーと呼ばれる異世界からの敵を撃退するSFアクション漫画。

 

f:id:ryura9:20180819215050j:plain

(出典:『ワールドトリガー』)

 

主人公らは4人いて、トリガーと呼ばれる武器を用いてそれぞれ自分たちの特性を活かしながら、異世界からの敵であるトリオン兵と戦います。

トリガーを用いての戦闘時は、使用者の肉体をトリオン体と呼ばれる戦闘用のボディと入れ替えて戦うのもこの漫画独特の戦闘スタイル。

 

キャラクターがそれぞれの性格やそれに合った戦闘スタイル・戦い方など、個性が1人1人うまく描かれていると思います。

個人戦・集団戦、どちらも作戦をうまく練って戦うのがイイですね。

オサムは弱いキャラクターなんですが、覚醒したりいきなりパワーアップすることなく、努力と作戦のうまさで勝っているような所がリアルで良いと思います。

 

主人公全員を「こちら側」の住人にせずにネイバーを入れた、空閑遊真の設定も面白いですね。

話の展開にはスピード感があり、読み進めるとどんどん面白くなっていきます。

 

現在は作者の体調不良により休載しています。

 

第23位 幽☆遊☆白書/冨樫義博/全19巻

教師も手をやく不良の浦飯幽助。ある日子供を助けて事故にあい、幽霊になってしまう。予定外の死に閻魔大王は、生き返るための試練として、人の心を映す霊界獣の卵をかえすことを命じるが…!

 

霊界バトル漫画。

誰もが知っている名作ですね。

ハマったなあ・・・

 

キャラクターがイイですよね!

蔵馬飛影が格好良すぎですよ。

でも大人になって読むと、桑原が格好いいんですよねー。

敵キャラも、戸愚呂兄弟や仙水などインパクト大でした。

 

バトルシーンもそうくるか!っていう感じで面白いんですよねー。

 

仙水編で、もうさすがにダメだろうというあたりで幽助が覚醒?して驚きましたね。

 

第22位 地球(テラ)へ・・・/竹宮 惠子/全3巻

遙か遠い未来……ワープ航法を可能にした人類は、欠乏する資源を求めて宇宙へと飛び立つなか、一つの結論に到達した。人間たちこそが地球(テラ)を窒息させる――と。そして訪れた、特殊政府体制(スペリオルドミネーション)の時代。性格一致、完全温厚、歩行整然……一糸乱れず。エネルギーのぬけた顔が並ぶ中ひときわ目立つ、エネルギーがありあまった不良児童・ジョミー・マーキス・シンにも“目覚めの日”が訪れようとしていた。

 

SF漫画の古典とも言える名作だと思います。

 

マザーと呼ばれるコンピューターによって人間社会は徹底的に管理されており、ミュウと呼ばれる超能力者たちを発見次第排除していく世界が舞台。

 

主人公ジョミーはミュウとして抹殺されそうになるんですが、それ以前に逃げのびていたミュウたちによって助け出されます。

ジョミーをリーダー(ソルジャー)とするミュウたちと、マザーの申し子と呼ばれるキースを筆頭にした地球の軍人たちとの戦いになっていきます。

 

設定がけっこう緻密なのもあると思うんですが、内容が深いんですよね。

うまく人間の心情を描いていると思います。

ジョミーの苦悩や、トォニィと徐々にすれ違っていく様子など感情移入できる場面が多いです。

 

人々がフィシスに救いを求めるかのような一番最後のシーンが印象的でした。

これだけの内容がよく3巻に入ったな!と思うくらい内容が濃くて壮大です。

 

第21位 名探偵コナン/青山剛昌/94巻~

ホームズに憧れる推理マニアの高校生。工藤新一がとある理由で小学生の体に!!小さな探偵が大活躍の奇想天外本格探偵アクション!

 

黒ずくめの男たちに変な薬を飲まされて子供になってしまった工藤新一が江戸川コナンと名前をかえて探偵として謎解きしていく漫画。

 

とくに説明が必要ないくらい有名な探偵漫画。

 

最近やっと黒の組織の話が進みましたね!

面白くなってきたー!

 

ついに”あの方”と呼ばれる黒幕の正体が明らかに・・・!

 

作者の体調不良で休載していましたが、また連載が再開することになりました!

 

第20位 魔法陣グルグル/衛藤ヒロユキ/全16巻

勇者マニアの父に育てられた少年ニケ(勇者:レベル1 HP10 MP0)と、魔法オババに育てられたミグミグ族の少女ククリ(魔法使い:レベル1 HP6 MP8)。そんな2人が出会ったとき、摩訶不思議な恋の魔法が発動し、壮大な冒険物語の幕が上がるのだった! お約束キャラの『キタキタおやじ』に『さっぱり妖精』、某国民的ゲームを思わせるツッコミウィンドウなど、思わず吹き出すネタが散りばめられたRPG風ギャグファンタジー。

 

魔法使いククリと勇者ニケが魔王を倒すギャグファンタジー漫画。

 

ギャグ漫画の金字塔的存在。

他に類を見ない独特さとギャグセンスです。

 

パンを尻にはさみ右手の指を鼻の穴に入れ左手でボクシングをしながら「いのちをだいじに」と叫んではいけないという掟ってなんだw

 

キャラクター1人1人が本当に面白い!

キタキタおやじがホント衝撃のキャラクターでした(笑)

 

けっこう前に読んだんですが、今読んでも笑いが止まらないくらい面白いです。

 

魔方陣グルグルの続編となる魔方陣グルグル2も発売されています。

 

 

第19位 不滅のあなたへ/大今良時/6巻~

何者かによって、地上へ"球"が投げ込まれた。その"球"はありとあらゆるものの姿をうつし、変化することができる。"それ"は石、コケへと姿を変え、南方から現れたレッシオオカミへと姿を変える。あてもなく歩き続けると、一人の少年に出会う。雪に包まれ、地平線がどこまでも続く世界で少年は一人で生活していた。少年は豊かな土地に夢を馳せ、旅を始めるも挫折。志半ば命が尽きる。"それ"は少年の姿を獲得し、あらゆる刺激を求め、歩きはじめた。光、匂い、音、暖かさ、痛み、喜び、哀しみ……刺激に満ちたこの世界を彷徨う永遠の旅が始まった。これは自分を獲得していく物語。

 

タイトルにあるように、治癒能力のある死なないなにかが主人公のファンタジー作品です。

f:id:ryura9:20180819215215j:plain

(出典:『不滅のあなたへ』) 

 

なんだこの切なくて魂をえぐられるような物語は・・・!

マーチが可哀想すぎて泣いた・・・!

読み始めたら初っ端から引き込まれると思います。

要所要所で心を抉るようなセリフだったり、表情だったり、エグイ表現ではないんですが、心に突き刺さるような描写が随所に見られます。

 

世界観が壮大で、人の生死がものすごくリアルに描かれています。

死なない不死者と、死んでしまう人間との差が、より死をリアルに感じさせるような気がします。

 

あらすじを見るとSFやファンタジーっぽいんですが、実際はファンタジーというより、人と人との関わりを描いている作品です。

主人公?は人間ではなく色んな姿になることができる不死の生命体で、最初は言葉も話せない狼の姿なんですが、色んな人との出会い・別れ・死などを経て成長していきます。

とくに人の死が主人公に大きな影響を与え、より人間に近い存在へと導いていきます。

 

また謎がどんどん出てくるのも特徴です。

まずこの主人公は何なのか?

この世界は何なのか?

主人公を作った存在の正体は?

 

絶対泣いてしまう作品だと思います。

読んで受けた衝撃をうまく言葉にできないんですが、死について、今生きている事に対して深く考えさせられる作品であると感じます。

 

『聲の形』と同じ作者です。

 

第18位 ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-/神崎裕也/全24巻

孤児であった小学生の龍崎イクオと段野竜哉はこの世で一番大切な人である柏葉結子を、何者かに殺害されてしまう。逃げていく犯人の後ろ姿を目撃した2人は警察へ証言しようとしたが、金時計を付けた警察関係者に脅され事件は迷宮入りとなった。15年後、イクオは事件を隠蔽した警察組織へ復讐するために警察官となり、竜哉は事件の実行犯を探るためにヤクザの松尾組の組員となり、結子の死の真相を追う。

 

イクオは警察官、竜哉は極道となり仇の”金時計の男”を追う復讐漫画。

色んな事件をイクオと竜哉のコンビプレーで解決していきます。

この2人はお互いを大事に思っていて名コンビですね。

 

最初のヒントは”金時計”だけだったのが、物語が進むにつれて徐々に明らかになっていきます。

真実に近づいてきたと思ったら遠ざかったりドキドキしながら読みました。

伏線も巧みに張り巡らされていて、金時計の男はだれなのか、予想しながら読むのが面白いです。

 

誰かがやってくれないなら自分たちで罪の報いを受けさせるという2人の考え方には少し共感できます。

誰もやってくれない、法律の限界でできないのなら自分たちでやるしかないですよね。

 

最後も、個人的にはこのエンディングでよかったなと思います。

 

生田斗真さん&小栗旬さん主演でドラマ化されました。

 

第17位 約束のネバーランド/作:白井カイウ 画:出水ぽすか/8巻~

運命の刻は来た──!

大逆の脱獄ファンタジー!!

母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。ここグレイス=フィールドハウスは小さな孤児院。至って平穏なこのハウスでささやかながらも幸せな毎日を送る三人の主人公エマ、ノーマン、レイ。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた・・・子供達を待つ数奇な運命とは・・・!?

 

幸せだと思っていた日常の真実を知ってしまい、孤児院からの脱出を目指すファンタジー漫画。

 

「このマンガがすごい!2018」第1位だったので読んでみたらすごく面白くてハラハラした漫画!

 

f:id:ryura9:20180819215435j:plain

(出典:『約束のネバーランド』)

 

何も知らずに平和に育った子供たちとその世話をする優しいシスター。

しかし残酷な真実が明かされ、そこからの子供たちvsシスターの命がけの心理戦がすごい!

心理戦・頭脳戦だけじゃなくサバイバル要素も強いので、ハラハラして続きを夢中で読んじゃいます。

 

子供たちの中心的存在は、天才だが体の弱いノーマン、情報収集に長けたレイ、そして頭がキレて運動もできる主人公エマの3人です。

この3人が孤児院からの脱出計画を練っていきます。

 

脱出の難易度がめちゃくちゃ高いのもポイント。

相手は切れ者のシスターなのに、主人公らは子供ばかり、しかも子供全員を脱出させようとします。

その上、子供たち全員に発信器が取り付けられているとか、もうムリでしょ。。。

さらに脱出したとしても、外に安全な場所があるかどうかも分からないという・・・もはや絶望しかない状況からスタートします。

難易度がめちゃくちゃ高いからこそ、どうするんだろう??とドキドキしながら読めます。

 

第16位 キングダム/原泰久/49巻~

時は紀元前——。

いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は、500年の大戦争時代。苛烈な戦乱の世に生きる少年・信は、自らの腕で天下に名を成すことを目指す! ! 

 

中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦国の若き王・政の活躍を中心に戦乱の世を描く古代中華戦国バトル漫画。

 

少年が大将軍を目指すバトル漫画という、よくありがちと言えばありがちのストーリーなんですが、最初の展開からいきなりすごく引き込まれます!

信と政の出会いのシーンがびっくりでした。

確かに最下層にいる人間と皇帝になろうという人間が出会うにはこれぐらいのことがないと出会わないでしょうね。

もう最初から展開が面白くてあっという間に最新巻まで読んじゃった漫画です。

 

将軍たちの戦いがすごい!

裏の裏まで読むような知略と武力の戦いで、まさに手に汗握る展開。

将軍たちの中では王騎将軍が一番好きでした!

 

f:id:ryura9:20180819215612j:plain

(出典:『キングダム』) 

 

主人公・信が怒涛の勢いで成り上がっていくのも、ワクワクしちゃいます。

戦場では人が簡単に死んでしまうので、信がんばれ!って応援しながら読んじゃいますね。

 

アメトークでも紹介されていたので有名だと思います。

男子は絶対に好きな漫画でしょうね。

1回読んでみたらどんどん続きを読んじゃいますよ!

 

絵が独特で敬遠していたんですが、一旦読んでみると全然気にならないどころか、この絵こそキングダムだ!という気になってきます(笑)

絵で躊躇っているひとはぜひ読んでみてください。絶対ハマります。

 

キャストは未定ですが、実写映画化が決定しました!

 

第15位 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-/和月伸宏/全22巻(完全版)

幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客、緋村剣心。明治維新後は「不殺」(ころさず)を誓い、流浪人として全国を旅していた。神谷薫との出会いや、同じ激動の時代を生き抜いた宿敵達との戦いを通じて、贖罪の答えと新たな時代での生き方を模索していく。

 

超有名漫画なので内容紹介は割愛。

 

剣心がホントに格好いい!

飛天御剣流(ひてんみつるぎりゅう)天翔龍閃(あまかけるりゅうのひらめき)!

刀系のバトル漫画では最高峰ですね!

 

個人的には志々雄が出てくる京都編が一番良かったと思います。

敵キャラもそれぞれ背景があり、安慈や由美姐さんは一概に悪とは言えないキャラクターでした。

 

続編である北海道篇の連載が開始しましたが、作者が書類送検されたので休載しています。なにやってんの作者ー!

続編がどうなっていくのか早くやってほしい―!

 

佐藤健くん主演で実写映画化されました。

 

第14位 オーバーロード/作:丸山くがね 漫画版脚本:大塩哲史 画:深山フギン/8巻~

オンラインゲーム「ユグドラシル」サービス終了の夜、名残を惜しむためログインしていた主人公は異世界に飛ばされてしまう。見た目は骸骨!?最強で魔法使い!?おまけに悪役――!?カリスマ世界征服物語、開幕。

 

ゲームの中に取り残された主人公は自身が所属していたギルド「アインズ・ウール・ゴウン」の名を世に知らしめるため世界征服していく異世界ファンタジー漫画。

 

実は小説家になろうサイトで掲載開始当初から知っている作品です。

これ知らない人は絶対損していますよ!

絶対面白いから読んでみてください。

 

原作のweb版とはストーリーが少し変わっています。

web版では登場しなかったキャラクターが主要メンバーとして登場したりします。

 

主人公アインズは完全に悪役です。圧倒的すぎて逆に爽快感すらあります。

主人公が悪役というのも斬新で面白かったですし設定も面白いです。

最強の悪の軍団!

 

 

第13位 銀魂/空知英秋/72巻~

江戸時代末期、地球は「天人(あまんと)」と呼ばれる宇宙人の襲来を受ける。幕府は天人による傀儡政権となり、天人達が我が物顔で江戸の街を闊歩するようになった。一方で国・主君のために天人と戦った攘夷志士達は弾圧の対象となり、力を奪われていった。 天人の襲来から20年後、剣術道場の跡取りの志村新八は剣術を生かす道も無く、意に沿わないアルバイトで姉である志村妙と生計を立てていた。そんな新八の前に風変わりな一人の侍が現れる。未だに変わらない侍魂を持った青年、その名坂田銀時。銀時の男気に惹かれた新八は、侍の魂を学ぶために彼の営業する万事屋で働き出す。やがて万事屋には、戦闘種族である夜兎族の神楽や巨大犬の定春が転がり込んでくる。 そして万事屋ゆえに江戸のあらゆる依頼事に首を突っ込むようになった銀時達は、江戸の治安を預かる真選組・かつて銀時の盟友であった侍達等、様々な人間達と関わり合っていく事になる。

 

作者いわく、SF人情なんちゃって時代劇コメディー

 

f:id:ryura9:20180819215742j:plain

(出典:『銀魂』)

 

大体くだらない内容のギャグ漫画ですが、シリアスパートは人情味あふれていて面白い!銀さん格好いい!

一番のお気に入りは鬼の副長・土方さんです。

 

人生に疲れて笑えなくなってきても、この漫画を読んだら下らなさすぎて笑えます。

物語としては特に進展することもなく、日常が続くのかなと思っていたんですが、最近は物語が進展し始めたので、さらに面白くなってきたなと思っています!

 松陽先生の正体がすごすぎ(笑)

 

第12位 暗殺教室/松井優征/全21巻

号令と共に教室を満たす銃声! 椚ヶ丘中学校3年E組は生徒全員が先生の命を狙う暗殺教室。教師と生徒、標的と暗殺者の異常な日常が始まる――!!

 

生徒たちが教師・殺せんせーの暗殺を目標にがんばる暗殺?漫画。

 

f:id:ryura9:20180819215838j:plain

(出典:『暗殺教室』)

 

殺せんせーの設定がぶっ飛んでいます(笑)

設定が面白かったので読み始めましたが、ストーリーが面白くて、そして殺せんせーが凶悪な怪物とは思えないくらい人間臭くて大好きになりました。

 殺せんせーが意外とおっちょこちょいなんですよね。

 

殺せんせーの生徒への対応が愛情にあふれていて、学校の先生たちにも読んでほしい漫画だと思いました。

 

生徒と先生の成長物語です。

最後はグッときますね。

 

第11位 寄生獣/岩明均/全10巻

シンイチ…『悪魔』というのを本で調べたが…いちばんそれに近い生物はやはり人間だと思うぞ…他の動物の頭に寄生して神経を支配する寄生生物。高校生・新一と、彼の右手に誤って寄生したミギーは互いの命を守るため、人間を食べる他の寄生生物との戦いを始めた。

 

謎の寄生生物と共生することになった、平凡な高校生・新一の数奇な運命を描くSFバトル漫画。

 

初めて読んだ時は、こんな漫画があったのか!とびっくりしました。

グロシーンもありますが、新一とミギーの不思議な友情や、他の寄生生物との関係など、どこか心惹かれるものがありました。

読み進めると物語の中にどっぷりのめりこんでいくような気がします。

 

全体として哲学的なテーマを主軸に置いていて、考えさせられる漫画です。

人だけでなく寄生生物(パラサイト)にも成長が見られます。

 

人間ほど残酷な生き物はいないので、ミギーが言うことにも一理ありますね。

タイトルの意味を知った時、そういう意味だったのか!と驚きました。

 

 

第10位 青の祓魔師/加藤和恵/21巻~

神父・藤本獅郎に育てられた主人公・奥村燐とその双子の弟・雪男。

ある日、燐は「悪魔」の存在、自分は悪魔の王「魔神(サタン)」が人間に産ませた息子であり、その力を継いでいたことを知った。 サタンは、獅郎に憑依することで燐の前に現れ、彼を「虚無界」へ連れ去ろうとする。獅郎は、サタンから燐を守るために戦い命を落とす。 サタンの血を引く燐は死を要求されるが、燐は獅郎の仇であるサタンを倒すべく、祓魔師になることを宣言する。燐は正十字学園内に設けられた祓魔師養成機関「祓魔塾」へ入り、既に祓魔師として活動していた雪男の指導のもと、同じく祓魔師を志す仲間たちと共に学んでいく。

 

 サタンの血をひく少年が主人公の祓魔師ファンタジー漫画。

 

どちらかというとバカで頭より体を動かす方が好きな、ジャンプにありがちの主人公タイプです。

このタイプのキャラクターは苦手なんですが、この漫画の良い所は主人公が双子だという事だと思います。

主人公燐がおバカで直情型であるのに対し、双子の弟雪男は冷静で頭がいいタイプなので、うまく対比させているのかなと思いました。

 

キャラクターは皆個性的でさっぱりしているので好感が持てます。

サタンの血が色濃く出ているのは燐ですが、双子なので雪男にもサタンの血が流れているんですよね。二人が今後どうなっていくのか楽しみです。

 

テンポが良いのでサクサク読めます。

 

第9位 HUNTER X HUNTER/冨樫義博/35巻~休載中

父と同じハンターになるため、そして父に会うため、ゴンの旅が始まった。同じようにハンターになるため試験を受ける、レオリオ・クラピカ・キルアと共に、次々と難関を突破していくが…!?

 

超有名漫画。主人公ゴンがハンターとなり冒険するファンタジー漫画。

 

登場人物が一癖も二癖もあるような濃いキャラクターばかりですよね。

キルア、クラピカ、レオリオなど。

個人的にはヒソカが一番謎。

ヨークシン編(幻影旅団編)が一番面白かったなと思います。

 

話の展開が読めないのも面白いですね。

念能力というこの漫画独特の能力を使ったバトルシーンも緊張感があってドキドキです。

また頭脳戦・心理戦も多くて特徴的ですよね!

 

連載が再開されましたが、また休載しています。

 

第8位 SLAM DUNK/井上雄彦/全31巻

中学3年間で50人の女の子にふられた桜木花道。高校生となった彼は、ふと声をかけてきた女の子・赤木晴子に性懲りもなく一目惚れ。その「バスケットはお好きですか?」との問いに花道は…!?

 

超有名バスケ漫画。

バスケをやったことがなかった主人公・花道がバスケ道を邁進する話。

 

できないんですけど、バスケをやりたくなる漫画です。

 

がむしゃらな花道もいいですが、名脇役が多いのも特徴ですよね。

ずいぶん前に読んだのに、安西先生、赤木キャプテン、流川楓、三井寿、宮城リョータ、メガネ先輩、今でも記憶に残っているほど印象的なキャラクターばかりでした。

 

 

バスケを通しての成長物語でもあると思います。

問題児二人組の花道と流川もそうですが、バスケ部を襲撃した三井寿も。

「バスケがしたいです!」

 

作者の描き方がうまいっていうのもポイントですよね。

無音のシーンとかもう圧巻ですよ。

 

最後の終わり方が切なかったですね。

 

第7位 DEATH NOTE/原作:大場つぐみ 画:小畑健/全12巻

名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

 

超有名漫画の1つ。

名前を書かれた人間は死ぬノートという設定が斬新でした。

名前だけではなく人の行動さえも操れるというのが、よりこの作品の面白さを増しています。

 

夜神月とL、天才vs天才の頭脳戦がすごいですよね!

よくこんな漫画書けたなと思うくらいすごい!

読み始めると、スリリングな頭脳バトルにどんどん引き込まれていきます。

 

法律で裁けない悪を裁くのは悪か善か・・・考えさせられる漫画ですよね。

 

何回か読まないとよくわからないくらい作りこまれている神漫画だと思います。

 

第6位 Dragon quest―ダイの大冒険/監修:堀井雄二 原作:三条陸 画:稲田浩司 /全37巻

モンスターが平和に暮らすデルムリン島。その島で唯一の人間・ダイは、魔法が苦手だが勇者に憧れている少年。ある日、島を訪れた“勇者育成の家庭教師"アバンに才能を認められ、ダイは勇者になる特訓を開始! だが、そこへ復活した魔王が出現し!?

 

いつまでも色褪せない名作漫画の1つ。

主人公ダイとその仲間ポップやレオナ、マァムたちが活躍する王道冒険ファンタジー漫画。

 

f:id:ryura9:20180819215948j:plain

(出典:『DRAGON QUEST-ダイの大冒険』)

 

タイトルにドラゴンクエストとありますが、ドラクエを知らなくても全然関係なく楽しめる作品です。

 

古いですが名シーンがかなりある漫画で、ポップとクロコダインの対決や、バランとの別れ、ヒュンケル編やバトラーの最期など、ずいぶん前に読んだのに今でも鮮明に覚えています。

 

キャラクターの中ではポップが好きでした。

最初はビッグマウスのくせにすぐに仲間をおいて逃げだす臆病者だったのが、徐々に成長していき勇者パーティの中心的存在にまでなっていく過程に、感動します。

彼が一番読者の立場に近いのかなと思います。

 

悪役のハドラーもいいキャラクターで、最初はザコっぽいんですが、さいごは覚悟を決めた男!って感じで格好いいです。

 

漫画のラストは「その後」の妄想が駆り立てられそうな終わり方でした。

泣いたわ。

ダイの悲壮な覚悟が感じられるというか・・・続編でないかな(笑)

 

王道ファンタジーでは最高峰と言っていい漫画だと思います。読んだことのない人はぜひ読んでみてください。

 

第5位 ドラゴンボール/鳥山明/全42巻

世界中に散らばった7つの玉を全てを集めると、どんな願いも1つだけ叶えられるという秘宝・ドラゴンボールと、主人公・孫悟空(そん ごくう)を中心に展開する「冒険」「夢」「バトル」「友情」などを描いた長編漫画。

 

言わずと知れた超有名バトル漫画。

戦闘民族サイヤ人というのが当時は衝撃でした。

え、悟空って宇宙人なの?!とショックを受けましたね。。

クリリンがおそらく地球人最強でしょうね。

 

修行のイメージが強い漫画ですよね。

死んでからも天界で修行するってどんだけ修行が好きなんだw

 

常に強敵が登場するのも特徴ですよね。

サイヤ人だったりセル魔人ブウなど。

 

小さい時はみんな”かめはめ波”をやってみたんじゃないでしょうか。

文句言いながら悟空とフュージョンするベジータがかわいい(笑)

 

第4位 ベルセルク/三浦建太郎/39巻~(新表紙版)

巨大な剣を背負い、鉄の義手をつけた剣士・ガッツ。彼の行くところ、血の雨が降り、死体の山が築かれる…! 大ヒット!! 圧倒的迫力の叙事詩!!

 

中世ヨーロッパ風「剣と魔法の世界」を舞台に、巨大な剣を携えた剣士ガッツを主人公に、彼の復讐の旅を描いたダークファンタジー漫画。

タイトルの『ベルセルク』は北欧神話の狂戦士伝説に由来。

 

実は最近になるまで読んだことがなかった作品。

あまりに重いダークファンタジーやエグい話が苦手なので避けていたんですが、早く読めばよかった!と後悔しました。

漫画はエログロシーンありますが、内容が濃くてすごい!

どんどんベルセルクの重厚感ある世界観に引き込まれていきます。

 

絵が迫力がありますね。

殺伐としたシーンも多く、さすがダークファンタジーといった感じです。

 

黄金時代篇の「蝕」が一番すごかったです。

 

鷹の団時代の平和な時の話が一番好きなので、グリフィスなんであんなことしてしまったんや・・・といつも思ってしまいます。

 

 

第3位 鋼の錬金術師/荒川弘/全27巻

禁忌とされる人体錬成を行った二人の兄弟、エドワードとアルフォンス。絶望の淵に立たされながらも、全てを取り戻そうと決意した兄弟の旅が今、始まる──。

 

超有名漫画の1つで、禁忌を犯した兄弟が主人公の錬金術漫画

 

錬金術、ホムンクルス、賢者の石といったこの漫画独特のものがあるのが面白かったです。

ムリのある設定や後付設定もなく、伏線も全てキレイに回収しましたし。

 

やっぱりストーリーが面白かったですね。

最後までどうなるんだろうとドキドキしながら読んだ記憶があります。

うまくまとまっていて、なるほどこういうことかーとスッキリすると思います。

 

またキャラクターが魅力的ですよね。

 エド、アルの主人公兄弟、マスタング大佐、キング・ブラッドレイ、キンブリー、エンヴィー、グリードなど。

 

錬金術の基本の”等価交換”という考え方も良かったですね。

何かを得る代わりに何かを失う。

当たり前のことなんですが、漫画の世界ではあまりないかも。

 

第2位 東京喰種トーキョーグール/石田スイ/全14巻

人間社会に紛れ込み、人を喰らう正体不明の怪人「喰種」が蔓延する東京。 上井大学に通う青年カネキは女性の喰種・リゼに襲われ瀕死となるが、直後に起こった鉄骨の落下がリゼに当たったことで捕食を免れ、命も取り留める。しかしその後、彼女の臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。それ以来、カネキは苦悩と恐怖に満ちた日々を送ることになる。

 

人を喰う喰種(グール)となってしまった主人公カネキを中心に、喰種vs人間たちの戦いを描いたダークファンタジー漫画。

 

f:id:ryura9:20180819220153j:plain

(出典:『東京喰種トーキョーグール』)

 

人間だった主人公カネキが半喰種となり、人間を食べないと生きていけないと知った苦悩や、狩る側であり狩られる側でもある喰種の生き方にどんどん引き込まれていきます。

たぶんみんな自分の信念に従って必死に生きていて、だれが悪いっていうのがない漫画。

 

カネキの親友ヒデはもはや友達の域を超えているんじゃないかなと思いました。

皆の生き様が切ない…

 

喰種は人間を食べないと生きていけない(人間以外で口にできるのはコーヒーぐらい)ので、やはり人間と喰種どちらかがいなくなるまで戦い続けるしか道はないのかなと思います。

 

グロシーン・拷問シーンあります。

 

窪田正孝さん主演で実写映画化されました。

 

 

東京喰種トーキョーグールの続編となる『東京喰種トーキョーグール:re』が現在連載中です。

 

 

今度は捜査官側の話で、佐々木琲世(はいせ)が主人公です。

喰種を駆るためならなりふり構わないっていう感じが伝わってきます。

琲世が今後どうなっていくのか、どういう選択をするのか期待しています。

 

 

第1位 進撃の巨人/諫山創/25巻~

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

 

言わずと知れた超有名漫画で、巨人vs人間の戦いを描いたダークファンタジー漫画

 

この作品を初めて読んだ時の衝撃が未だ忘れられません。

グロシーンや食べられるシーンも多いので、最初読んだ時は吐き気がして読むのを中断しましたが、それ以降も続きが気になってまた読むようになりました。

 

巨人とは何なのか、外の世界はどうなっているのか、壁を壊した巨人の正体など気になることはたくさん出てくるんですが展開が早くてどんどん引き込まれます。

謎もどんどん明らかになっていきます。

 

巨人に対して立体機動を用いて戦うのも格好いいですね。

バタバタとキャラクターが死んでいきますが・・・。

 

しかしいつも絶望的な状況に陥っているな~と思う漫画。

人が容赦なく死んでいくのが、よりこの世界の残酷なまでの真実をリアルに描いていると思います。

 

 

 まとめ

 長々と漫画を紹介しましたが、ここまでお付き合いくださりありがとうございます!

この記事で紹介した漫画は本当におすすめなので、ぜひ読んでみてください!

一番推したいのは『不滅のあなたへ』です!

読んだことない人は最初の1巻をチラッと見てみてください、絶対引き込まれますよ!

 

 

 

漫画をネットで無料で読む方法

無料で好きな漫画を合法的に読む方法を紹介しています。

情報は2018年4月時点です。

 

・FODプレミアム

FODプレミアムに登録すると、漫画が実質無料で読むことができます!

月額888円ですが1300円分のポイントが毎月手に入るので、実質タダというかそれ以上にお得です。また、ドラマ・映画・アニメ・バラエティなど見放題♪

今なら無料で1カ月お試しすることができます。

無料お試し期間内に解約すれば費用は一切かかりません。

「解約する」ボタンを押せばすぐ解約できるので、ラクチンです♪

 

無料お試し中に解約したい人は忘れずに解約しましょう!

 

 

・U-NEXT

現在無料トライアルキャンペーンを実施中で、無料トライアルに申し込むと600円分のポイントがもらえるんです!すぐに解約できるので、600円分のポイントを使ってから解約するといいですね!

また、アニメ・ドラマ・映画など対象作品がトライアル期間中は見放題♪

無料漫画も多いのでおすすめです。 

キャンペーンがいつ終了するのか分からないので今のうちにぜひ試してみてくださいね!

 

 

・ブック放題

このブック放題のすごいところは、

なんと月額500円で、漫画20,000冊以上が読み放題!

しかも今なら初月無料!これってすごくないですか??

とりあえず1カ月無料で試してみるのもありですよ!

解約もすぐにできるのでおすすめです!